【摂理人が書く物語】Pray for 3.11


福島駅の現在の様子

「あの日を忘れない ーRemember 3.11」@摂理の彩りより。クリックで元記事にジャンプします。東北の摂理人が当時の様子を描いた記事、是非一度御覧ください。

…目の前に広がる、青空と街の風景。
ここはかつて、「フクシマ」と呼ばれていました。
そう、5年前の今日…東日本大震災により、津波と地震、そして原発事故で壊滅的な被害を受けた、その一つの地です。

「…」

そこに、Aさんがいました。
仕事の出張で、たまたまこの地に来ていたのです。

「…綺麗…」

一見すると、何も変わらない町並み。
しかし、その中に住んでいる人たちは、今もまだ「復興」のさなかにいます。

「…」

そのことを考えながら、じっとその風景を見つめるAさん。

——————————————-

Aさんは、当時この地にいたわけではありません。
あの時も今と同じように仕事中でした。ただ違うのは、その場所が東北ではなく北海道であった、ということ。
北海道も大きな揺れがあり、会社にいた時は本当に慌てていました。
落ちた資料や営業に行っていた人の無事を確認するなどして、会社が落ち着いた頃…
Aさんはテレビで震災の様子を見ました。

「…え…」

その目の前の風景を、Aさんは信じることが出来ませんでした。
大きな津波に流されていく建物。街全体を海が覆い尽くすその光景が、どこか別の世界の出来事かのように感じられました。それくらい現実感がなかったのでしょう…。
しかし、このことが現実である、とわかった時、Aさんはただひたすら怯えていました。

「…」

目の前で流されていく建物、車…そして人々。
そう、その瞬間、津波に巻き込まれ、命を失う人がいる。それも一人でなく、多くの…。

そのことを考えた時、Aさんは涙が止まりませんでした。
津波への恐怖、人が死ぬということに対する恐怖と、そして悲しみ…。
それが混ぜこぜになって、感情がどうしてもコントロールできませんでした。
その様子を見た上司が、Aさんを家に帰したほどでした…。

——————————————-

「…あの時」

過去を思い出していたAさんが、ふと目の前の空に向かって話し始めました。
…それは、独り言でなく、神様への言葉でした。

「あの時、私は震災の様子を見て、涙が止まりませんでした。
それがどうしてなのか、私はよくわからなかったんです」

あれから、5年。
Aさんが神様のことを知って、御言葉を聞いて神様を愛していく中で、Aさんも色々と変わっていきました。
その中で、5年前のことを思った時、

「でも、今分かりました。
あの悲しみは…神様の悲しみなんだって」

あの時の悲しみは、神様の悲しみでもあった、ということに気づきました。

人間を愛して、本当に愛して愛し合いたくて、そのために創られた自然。
美しく、雄壮に、神秘的に創られた万物と、その中で平和に、楽しく、喜んで生きていくみんなの姿。
それを願い、共に喜びたくて、共に愛し合いたくて、すべてを注いで来た、地球。

それが、洪水によって壊れていく。
死んでいく人々。
崩れていく自然と万物。
それを見て、神様は…

「どれほど…どれほど、心を痛められたのでしょうか…」

一人でも多くの人を助けたくて。
ある時は感動で、ある時は人を通して、ある時は万物を通して。
事前に警告し、それを避けられるようにあらゆる方法を尽くした神様。
それでも、その手が届かず、人が死んでいく。その姿を見て…

「…」

その神様の心情を思い、Aさんの目から涙がこぼれました。
そして、Aさんは…

「…神様」

手を組み、祈りはじめました。

「…神様。
私達を生かしてくださったことに感謝します。

あの時、神様はどれほど悲しく、心が引き裂かれたことでしょうか…。
愛する人が、目の前で流されて、命を失う…そのことを目の前でご覧になられて…どれほどの悲しみがあったでしょうか…。

私たちは、今、生きています。

そのことを、生きていることの価値を忘れることなく、生きていくことを決心します。
もう二度と、このような…神様の目に悲しみの涙が流れる事のないように、
このような悲しいことが起こらないように…本当にお祈りします。

そして…

震災の被害を受けたすべての人たちの心の傷が癒え、町々の傷が癒えて…少しでも早く復興されることを、お祈りします」

震災から、5年。
少しずつ町々は復興していき、震災前の町並みを取り戻しているところもあります。
一方で、震災の被害が激しいところや被曝地では、未だその傷は癒えません。また、人々の心にも傷が残っていることでしょう。

復興は、始まったばかりです。

自分自身や、命や、自分の子を管理し教える時、<穀物>や<さまざまな果樹>だと思って接しなければなりません。

<穀物の農作>をいつまでし、<果樹>をいつまで育てますか?穀物と果実を刈り取る時までです。農作をするように、果樹を育てるように、刈り取る時まで、手も、心も、目も離さず、持続的に!最後まで!極まで!何としても!やるとき、より良いものをもらうようになります。
-[鄭明析牧師による主日の御言葉から] 1.自分が願っていたことが駄目になっても失望するな。もっとよいものをくださる。2.行なう人は攻撃し、行なわない人は攻撃される。

この地も、そして日本も。
今は<穀物>のように、成長し育っていく時なのです。

完全な復興が成されるその日が早く訪れることを、心から祈ります。

この記事を書いたブロガー

sato
霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。