胸が裂かれるほど愛する鄭明析先生


愛するということはどういうことなのか。

主日の御言葉ではこの問いに関して答えを掴めるようなことを教えてくださいました。

3~4分間息ができなくて胸が裂かれる苦痛ほど、私があなたを愛していることを知らなけれなならない。

2017年4月9日主日の御言葉から

愛する人に対して

会いたいけど会えない。

喜んでほしいけど悲しい思いをしている。

幸せになってほしいけど苦痛を受けている。

このような状況って胸が苦しくなります。

神様と主が人間をご覧になっている時、このような状況がどれだけ多くあったのか考えるだけで胸が締め付けられます。

胸が裂かれるほど愛してくださっている心情を分かって差し上げて、神様の願いを叶えて差し上げる人間になりたいです。

鄭明析先生は神様に向かう最高の愛の実践者だと私は思っています。

鄭明析先生がどれだけ神様のことを愛しているのか伝わってくる詩です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。