摂理の真実「外側と内側」


私が摂理に身を置くようになって9年、2017年には丸10年になります。

年齢はまだ30代後半入ったくらいですが、社会人になってから摂理の御言葉とそれを教えて下さる牧師先生、そしてその御言葉を学んで日々生活する仲間たちと出会って、本当によかったなと日々思っています。

とはいえ、おそらく摂理をあまり知らずにどこかのよくある宗教団体の一つと思っていたり、怪しげな新興宗教と思っている人たちからすると、その感覚は見えない部分が多いように思います。

というのも、表面的な部分だけ見ると、みな学生や社会人・家庭人としての生活をしながらも、信仰生活を並行して行うため、普通に考えても時間がその分必要になるので一見大変だったりします。
通常の生活に加えて、礼拝があったり、人よりも早く起きてお祈りをしたり、礼拝以外にも御言葉を学んだり、人に教えることもあります。それ以外にもたくさんの行事が摂理にはあり、それなりの時間の投資が結果的に必要となるので、知らない人たちからすると、おそらく「なんでそんなことまでして摂理にいるんだろう?」と思うこともあることでしょう。

実際、私の例で言うと、睡眠時間は人よりも少なめだし(私の場合は平均4時間半~長くて5時間半くらい)、その分体力的に厳しいと思う人も中にはいると思います。そして私の職場はおそらく世の中で言われる普通の企業よりも就業時間が長かったり、内容がハードだったりする部分があったりもあるため、職場でもそれについていけずに会社をやめていく人たちを過去何人も見てきました。

しかし、私は職場では、「タフですね!なんでそんなにいつも元気なんですか?」とよく言われます。

不思議ですよね。どう見ても理屈に合わない。
睡眠時間も相対的に少なくなるし、体は疲れるはずなのに。

では、私はいわゆる「(宗教または摂理に)はまっている人」なのでしょうか。

ある意味、はまっているから摂理にいるわけでもありますが、私のことをよく知っている人たちからすると、おそらく世の中の基準で見てもだいぶ客観的なものの見方をするタイプの人間だとみなさん評価していると思われます。

そういうタイプの人間である私が摂理にいる理由、それは、主観的に見ても客観的に見ても、摂理にいると充実した人生を送れるから、ということにつきます。それを実際に10年近く見てきたし、ある意味客観的に摂理でやっていることは正しいのかどうかを自分なりに確認し、結果として摂理はよいものだし、いるべき価値が十分あるところだと思うので人生の3分の1近い期間の間、籍を置いているわけです。

摂理では、人生をよりよく過ごすことができる神様の教え(御言葉と呼ばれますが)が毎日のように提供され、確認しきれないくらいの数量があふれていますし、摂理自体も日々規模はもちろん、中身もどんどん次元をあげていっていることをいつも感じます。
ベンチャー企業が伸びるときの勢いだったり、発展途上国が一気に伸びてきて国をどんどん栄えさせていく時のような勢いなどと同じようなことが摂理の中ではお世辞ではなく日常茶飯事で起きているのです。

私と同じ大学の卒業生で、かつ私よりも長い20年の間、摂理にいらっしゃる先輩も同じようなことを先日語っていました。
いつも大変だけれども喜びがあふれて、行うことで変化し、発展していく摂理の姿を私よりも長い期間確認してきた方のその言葉は、まさに摂理の内側で見て、ともに暮らし、行い、確認し続けてきたからとても真実味があります。

ですが、残念なことに、多くの人は宗教そのものに対して、または摂理に対して知らない、または誤解をしている部分が多いので、怖く思ったり不思議がったりすることが多く、一面的な情報で判断されることが多いようです

たまに大学に行くと、大学の広場などで「カルトに注意!」とか貼り紙が貼ってあったり、私の学生時代にもありましたが、いわゆるカルト教育といって、あやしげな宗教や思想団体についていかないでくださいとか、巧妙にマインドコントロールするから気をつけるように!といった指導があったりするのですが、それら自体がそのような視点で作られていることが多いように思われます(結果として、注意喚起する側としては、被害者やそう思っている側の人に対しての意見が告知内容や教育内容に反映される傾向が強くなります)。

実際、私達も摂理の人ですと公言しながら聖書の話をしたり、信仰生活について摂理を知らない人たちへも話せればよいのですが、そうした形で誤解されがちな部分もあるので、私達と時間を過ごし、私達自体がどういう人たちなのか確認してもらったあとで、私達の学んでいる御言葉を興味がある人に伝えて共有したりするという形をとらざるを得ない状況があったりします。

ですので、今はまだ直接的に、オープンに摂理のことやその中身については話しづらい状況もありますが、摂理について、または一般的な宗教観についてわからないことがある、といった場合は、まず実際はどうなのか、内側の部分、つまり内容を確認していただいて、それから摂理自体を判断されるとよいのかなと思います。

私達の指導者である牧師先生は、いつも御言葉の一番の実践者で、御言葉の中で実践した多くのエピソードを交えて教えて下さるのですが、よく確認しなさい、最後までやりなさいとおっしゃいます。
周りで実際に見聞きした人たちの話を聞くと、確認し続けたからこそ、その神様から受けたその御言葉を私達に自信を持って教えることができるのでしょう。

 

実際、摂理の聖地となった、韓国の月明洞の開発に際して、牧師先生は自ら手足を動かし、山の開拓や工事に尽力したり、たくさんの人たちの面倒を見、育てて来られました。当時から今まで、先生がどのように確認し、実践し続けられたか、その方々の言動を聞いたり耳にすると本当によくわかります。

最後に、御言葉の中から、外側と内側について、牧師先生が教えて下さった内容を一部ご紹介します。

摂理の外側と内側、私達の外側と内側、世の中の外側と内側など、多くのものの内外を判断する際にきっとためになる内容があると思います。

***

・作るときは不思議だが、作り終わった時は具体的に見ることができない。もう内側に入っているからだ。

・家を建てる時も、一つ一つ作るときは「内部の構造」と「配水管、電気の配線」などをすべて見ることができる。だから不思議だ。
しかし作り終わったら見ることができない。<外側>だけを見るようなことだからだ。だからその内容をすべて学んでこそ、不思議さを感じるようになる。
人間もそうだ。最後まで作っておいても、<外側>だけを見たら「外側の神秘」だけが分かる。「内側のもの」を知ってこそ神秘だ。

・摂理歴史もそうだ。<最後までつくっておいたもの>だけを見たら、「外側」だけ見るようなことなので、「神秘さと不思議さ」を全部感じることはできない。だから38年間どのように作ってきたか聞いて、学んでこそ、神秘的だ。

***

Yoshi

この記事を書いたブロガー

yoshi
学生時代はバックパッカーとして海外に行く機会が多くあり、そこで信仰を持たない日本の方が世界で見れば特殊な国なのだと気づきました。縁あって社会人になってから摂理に出会うようになり、楽しく過ごしています☆今は奥さんと2人で信仰生活を送っています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…
  2. ちょっとニュースになっているので… これやばいですね^^; 長さ32センチ!! …
  3. どがんしとんね☆長崎Yoです^^ 先日、長崎は北の方面、佐世保に行って参りました~☆ 久…

摂理について

  1. こんにちは!摂理の大学生Koyaです!! マルコによる…
  2. よく、「宗教」という言葉と紐付いて出てくる言葉に「カルト」という言葉があります。 カルト… …
  3. 家庭局ママYulanです! チョン・ミョンソク先生は、今週の水曜日には、 「糸一本ほどで…

スポーツ

  1. システムエンジニアの職業病ともいえる『腰痛』。 これは苦痛です。これが出てくると仕事を早退しな…
  2. 誰でも自分自身の嫌いな性格ってあると思います。 嫌いとは言わなくても、直したい性格、もしくは習…
  3. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…

Authors

koya
koya (307)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (184)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (72)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1228)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (4)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る