摂理に来ると、毎日が転換期。


摂理に来ると、色々変わらざるを得ないところがあります。
特に最近は「引き上げ」を中心にしているので、文字通り「自分が死んだ」くらいの変化が起きています。
「天の御旨を成したい。」
その一心で、その心だけを持って、思いきって上に飛ぶ感覚。
その中で過去の自分が死んで、切り離され、新たに構成される感覚。
例えていうなら「羽化直前の蛹の中身の変化」くらい激しい変化が起こり続けています。
その直前にあるのは「死んだような、暗闇にいるような、絶望するしかないような」状況。心がそのようになったり、状況がそうなったときは「自分が転換できる最大のチャンス」でもあります。これは私の経験からも確かに言えることです。
そういう経験が今後少しでも書けるといいなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。