誰よりも人生を長く生きる知恵ある方法


今週の主日の御言葉は「知恵の生」について話してくださいました。

鄭明析牧師が教えてくださった御言葉から人生を長く生きる知恵をまとめてみました。

 

 

分かって行うこと

知恵のある生き方とは分かって生きることだと教えてくださいました。

また、このことが人生を長く生きることだともおっしゃいました。

知恵で分かれば、分かっていない人より倍以上行なうようになるし、倍の人より10年、20年前に先んじて行なうようになるから、

10倍、20倍もっと早くするようになる。だから「長く生きること」になる。

2017年5月14日主日 鄭明析牧師

 

では、分かるためにはどうしたらいいのか。

 

分かるためには祈ること

 

まずは祈って、神様の知恵を受けるのです。

神様は全知全能ですから、御心ならばなんでも教えてくださいます。

神様の知恵をもらえば、分かるようになります。

分かるから他の人たちより早く行うようになります。

2017年5月14日主日 鄭明析牧師

分かるために分かっている人から学ぶこと

祈っているだけではいけませんね。

分かっている人に聞けば早く分かるようになります。

野球の事なら野球選手に聞けばいいし、研究のことなら教授、仕事の事なら上司、、、と言った風に。

そのセンター(分野)に応じて、尋ねていく人は変えていかなければなりません。

 

 

熱心に勤しんで行うこと

熱心さ、勤勉さ、どちらもどんな場面においても重要ですね。

長く生きるための知恵にもこの気質は必要になってきます。

勤しんで熱心に行なうことが知恵です。

2017年5月14日主日 鄭明析牧師

どのように熱心、勤勉におこなうべきか。

 

早く行うこと

社会人になって思います。

仕事ができる人は行動が早いです(^_^;)

早く行なうからその分、いろんな所に時間を投資できますよね。

 

たくさん行うこと

たくさん行なってこそ、同じ歳月を生きたとしても

その人の人生は濃密になります。

長く生きたことになるということですね。

 

毎日行うこと

毎日行うことは一流になるには大事!

誰もが大切だと思っていることと思います。

小さなことでも毎日やれば大きくなります。

しかし、毎日やることはどんなに小さなことでも難しいと感じてしまいがち。

だからこそ挑戦していく価値があるのだと思うのです。

絶えず、毎日行うことが知恵です。

2017年5月14日主日 鄭明析牧師

 

 

自分の健康を管理すること

早く死んだり、病気になったりしたら、人生を上手く使えないですね。

自分の健康を管理することで、できる範囲も広がってきます。

私は鄭明析先生の健康管理法を真似したことで、体力がつき色んなことに挑戦させていただけました。

祈りや御言葉を聞くこと、信じることも大事なんですが、やっぱり健康は大事。

定期的に健康診断を受けて、毎日運動して顧みながら、自分の健康を管理することが知恵です。

2017年5月14日主日 鄭明析牧師

 

 

以上、主日の御言葉を簡単にまとめてみました。

ご清覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。