鏡の歴史、摂理の鑑の歴史


こんにちは!摂理の大学生、Koyaです!

 

主日の御言葉で、50年前、先生の田舎では鏡が貴重だったということを聞いて、少しばかり、鏡の歴史について調べてみました。

 

最初の鏡は水たまりに自分の姿を映して水鏡として使っていたようです。

 

その後、石や金属を磨いて鏡として使用していたそうです。

 

その時代が新約聖書に記されている時代だと考えられます。

 

【コリント人への第一の手紙13章12節】

わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが完全に知られているように、完全に知るであろう。

 

この当時、比喩で鏡が用いられてますが、おぼろげに見えるものの象徴として使われているので、おそらくこの時代は金属鏡を用いていたと考えられます。

 

現存する金属鏡で最も古いものは紀元前2800年ころのエジプト第6王朝時代のものだそうです。

 

そして、1317年にガラスを用いてよく反射する鏡が生産され、

 

1835年にはドイツで銀鏡と呼ばれる現在の鏡に最も近い鏡が作られるようになりました。

 

日本では鏡のことを「鑑」とも書くこともあるそうで、人間としての模範・規範を意味しています。

 

摂理の鑑といえば、鄭明析先生です。

 

先生は50年前に鏡で初めて自分の顔を見たそうです。

 

その時、自分の顔を不細工だと言って鏡を割って捨てたそうです。

 

先生は学歴もなく、身長もなく、容姿も特別良いわけではなく、お金も名誉もありませんでした。

 

しかし、先生は、聖三位を愛するところはどんな人よりも長けていました。

 

私は先生が聖三位をひたすら愛する精神と生き様を見て、かっこいいと思うようになりました。

 

この精神一つによって、先生は摂理の鑑となられました。

 

学があってもなくても、容姿がよくても悪くても、身長が高くても低くても、お金や名誉があってもなくても、人は<心と考え>、そして<体>さえあれば、私エホバと聖霊と御子を愛することができる。
だから<三位を本当に愛すること>を見て選ぶ

(鄭明析先生 2015年9月6日主日の御言葉から抜粋)

 

0000052296_91ba4a4478a66bee9812b0804b6f9d1bn

 

この記事を書いたブロガー

koya
理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. どがんしとんね☆長崎Yoです^^ 先日、長崎は北の方面、佐世保に行って参りました~☆ 久…
  2. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…
  3. こんばんは、satoです。 北海道に住んでいて、一番恵みを受けるのは食。そんな北海道の食をご紹…

摂理について

  1. よく、「宗教」という言葉と紐付いて出てくる言葉に「カルト」という言葉があります。 カルト… …
  2. 何回かに分けて、摂理を紹介していきたいと思います! さて、皆さんは摂理にどんなイメージがありま…
  3. こんにちは!摂理の大学生Koyaです!! マルコによる…

スポーツ

  1. 指導者=実践者 世の中にはいろんな指導者がいます。教育の世界も、政治の世界にも、ス…
  2. 昨日の就活イベントの後に慶応大学野球部の1年生の子に会ってきました。 この子は我が高校の後輩。…
  3. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…

Authors

koya
koya (306)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (182)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (67)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1223)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (3)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る