私の「盲点の窓」 相手に合わせて接することが神様の愛


こんにちは!摂理の大学生Koyaです!

自分はよく相手に合わせないで自分の話ばかりをすると言われます。

自分では相手に合わせているつもりで話していても実際は独りよがりな話になっていることが多いようです。

ジョハリの窓でいう自分は気づいていないが他人は知っている自己「盲点の窓」といったところでしょうか。

相手に合わせるのも度が過ぎたら逆に軸の無い人とも思われるかもしれませんが、譲れない所以外ならどんどん相手に合わせていくのが得策でしょう。

ただ、合わせるのではなくて相手を愛する思いで合わせるのが大前提ですが。。。

聖書を呼んでいて、パウロ先生も相手に合わせる実践をされていました。

わたしは、すべての人を得るために、自ら進んで全ての人の奴隷になった。ユダヤ人には、ユダヤ人のようになった。ユダヤ人を得るためである。
律法の下にある人には、わたし自身は律法の下にはないが、律法の下にある者のようになった。律法の下にある人を得るためである。
律法の無い人にはわたしは神の律法の外にあるのではなく、キリストの律法の中にあるのだが律法の無い人のようになった。律法の無い人を得るためである。
弱い人には弱い者になった。弱い人を得るためである。
全ての人に対しては全ての人のようになった。なんとかして幾人かを救うためである。
【コリント人への第一の手紙9章19-22】

これがパウロが主の精神を受けて、実践された愛なのだなと感じました。

自分のプライド、自尊心、メンツなど、全てを捨てて相手に寄り添って降りてくださる、これが神様の愛です。

この聖句を読んで、鄭明析先生がヨーロッパでサッカー大会を開かれた時のことを思い出されました。

私はまだ摂理に導かれていないのですが、映像で何回か見たことがあってそこに写っていた先生があまりにも衝撃的だったのを覚えています。

サッカー大会の合間に先生がヨーロッパの国々の人たちにコーラを注いで配っている映像を見て驚きました。

先生がコーラを飲むのは控えなさいと教えてくださっていたので最初は目を疑いましたが、2000年前にパウロ先生が民のところまで降りていって接したようなことをされているのだなとすぐに悟りました。

先生はコーラを注いであげていましたが、ご自身は全然口にしないので、ヨーロッパの文化であるコーラを愛する人たちに与えてくださっていました。

まさに先生は人々の所へ降りていって愛で接してくださる方なのだなと感じるようになりました。

私も先生のように相手に寄り添って接していこうと挑戦中です。

この記事を書いたブロガー

koya
大学院を修了し、マスコミの会社に勤め始めました。
真実を皆さんにお届けします!
好きなスポーツは野球。
健康管理に燃えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…
  2. こんばんは、satoです。 ここで記事をたくさん書かせていただいていますが…
  3. 自分こう見えて、食べるの好きです笑 ということで、グルメのカテゴリを作ってみました笑 (ちな…

摂理について

  1. 数年前、親に摂理で聖書を学んでいると告白した時、父親から反対されました。 「新興宗教は…
  2. 家庭局ママYulanです! チョン・ミョンソク先生は、今週の水曜日には、 「糸一本ほどで…
  3. 私が摂理に身を置くようになって9年、2017年には丸10年になります。 年齢はまだ30代後半入…

スポーツ

  1. 指導者=実践者 世の中にはいろんな指導者がいます。教育の世界も、政治の世界にも、ス…
  2. 誰でも自分自身の嫌いな性格ってあると思います。 嫌いとは言わなくても、直したい性格、もしくは習…
  3. 昨日の就活イベントの後に慶応大学野球部の1年生の子に会ってきました。 この子は我が高校の後輩。…

Authors

コウ
コウ (3)

IT大学2年生
なんか神戸から広島に行けば摂理に出逢っちゃった笑
性格はマイノリティー
だから摂理に来たのかも、、、
スラックライン、マジックなど大道芸もお手の物
普通だけど、映像、カメラと料理も好きです。

koya
koya (324)

大学院を修了し、マスコミの会社に勤め始めました。
真実を皆さんにお届けします!
好きなスポーツは野球。
健康管理に燃えています。

miya
miya (90)

高知県出身。坂本龍馬のような人になりたいと脱藩して京都で就職!人生の虚しさを感じている時、同僚を通して摂理に導かれました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するまでに。何事も「御言葉通りやればできる!」の精神で世のため、人のため、神様のために、自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1252)

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。

ページ上部へ戻る