一言で変わるもの


今日も帰りが遅くなりました。

仕事をし続けていると、朝に頑張ろうと思った気持ちが、いつの間にかため息に変わっている時があります。

モチベーションを保つためには、保つだけの工夫をしないと保つことができません。

こういう時って、どうやったらやる気が出るのでしょう。

 

私は、ある一言を言い続けるようにしています。

それは、「ありがとうございます」

という一言です。

 

なんでもないようですが、毎日、ありがとうございます。

と、言い続けるんです。

 

私たちがよく口にする言葉の一つに、「すみません。」

という言葉があります。

何かしら、毎日どこかで顔を出す言葉ですよね。

 

自分は何も悪いことはしていないのですが、

何か相手の迷惑になっていそうだと感じたことに対して、

「すみません」

と、ほぼ反射的に口から出てしまいます。

 

私は、エレベーターに乗った時、ボタンを押してくださる方に対して、

それこそ、九官鳥のように「すみません、すみません。」

と言い続けていました。

そうしながら、心がだんだんと辛くなっていくのを感じていました。

だから、変えることにしました。

 

「ありがとうございます」

この一言を言い続けることによって、何か、心に力が湧き上がるようになりました。

そして、習慣になってくると、自分が大変な時にも、まずは「ありがとうございます」「感謝なことです」という言葉が思う浮かぶようになってきました。

 

ついつい出そうになる「すみません」を、ぐっとこらえて、一言、「ありがとうございます」

と伝えてみると、ちょっと世界が変わってきます。

「ありがとうございます」で、自分が変わります。

もちろん、やり続けることが大切ですよ。

 

ありがとうございますと、自然に口から出てくるようになれば、いまが変わります。

未来はもっと、変わっていくでしょう。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活をするYo。 1985年生まれ。長崎県長崎市出身。東京在住。最近は安くていいもの巡りにハマっている☆