同窓会を企画して感じた天との疎通の重要性


社会人になったところでやりたかったことを実践中です。

私がやりたかったのは

同窓会です!

高校と中学の時の同窓会は学生の時にやりました。

まだ小学校の時の同窓会をやっていませんでした。

社会人になり、社会的責任も出てきたところで同窓会を催したいとずっと思っていました。

3月に岩手に帰省した時、小学生の時の友人と出会い、同窓会をしようと約束をしました。

それから、今は小学生の時のクラスメイトの連絡先を集めているところです。

今はLINEやFacebook、ツイッターなど、インターネットの恩恵を被っているのですぐに連絡先を集められそうです。

それでも、現在半分くらいしか集められていません。

インターネットが栄えても、人との付き合いは疎通し続けることで成り立つことを学びました。

長く付き合う事って簡単なようで意外と難しいです。

小学生以来、会っていない人もいるので会うのが楽しみです。

疎通し続けることで付き合いが成り立つということは私たちと神様も一緒です。

祈りで疎通。

御心の中の実践で疎通。

毎日の積み重ねで、天との付き合いを深めていきたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。