お酒の場で感じた事。


会社の飲み会。

お酒を飲まない摂理の人にとってはなかなかの難関です。

大学生の頃は飲み会をどのようにしてお酒を断ろうかと考えて心配を抱いていました。

いざ社会人になって飲み会に行ってみると、お酒を飲まない人もちらほら。

今の時代はお酒を飲ませようともしないし、

お酒を飲まなくても盛り上がることはできると認識ができつつあるようです。

結局、お酒を飲ませようとする人の心の内は

「本心で語り合いたい」

です。

一概に全員がそうとは限りませんが、お酒を飲んで酔っ払うことで本心を聞き出したいという思いを抱いている人が多いように思いました。

私は摂理で、お酒を飲まなくても本心で語り合えることを経験しました。

お酒を飲んでいる人に本心で語ると、すごく嬉しそうな顔をします。

お酒は健康にも脳にも悪いです。

お酒がなくても、みんなが気持ちよく本心で語れるような日本社会になってほしいですね。

「飲み会」が、お酒なしの「本心で語る会」に変わる日が来ることを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。