分かって明け方を呼び起こすために


明け方の体質を作ろうと今まで様々に自分で研究してもがいてきました。

しかし、主日の御言葉でおっしゃったことがあります。

知恵で分かれば、分かっていない人より倍以上行なうようになるし、他の人より10年、20年前に先んじて行なうようになるから、
10倍、20倍もっと早くするようになる。

2017年5月14日主日 鄭明析牧師

 

 

自分流でやっていたから、いつまで経っても明け方の体質がつかないのかなと思い、

眠りのメカニズムを学ぼうと決心!

「「朝がつらい」がなくなる本」という本を買いました。

睡眠科の医師が書いてある本です。

(睡眠科という分野があることを初めて知ったのは僕だけじゃないはず)

 

 

人間の体のメカニズムに触れながら、なぜ眠れないのかを論理的に書かれています。

例えば、

・寝付くにはメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されないといけない

・メラトニンは朝起きてから、14-15時間後に分泌されはじめて、分泌開始後1-2時間後に眠くなる

だとかです。

 

 

恥ずかしながら、社会人になってから明け方の礼拝にあまり行けていません。

自分の体のことを分かって、明け方起きれるように明け方チャレンジ21日間実施しようと思います。

起床時間は3:30

就寝時間は22:15

 

 

これを目安に頑張ってみます。

結果も書きます。

明け方もがいている人の助けになれればと思うので、参考にしてください!(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。