明け方チャレンジ4日目 食事の取り方


四日目です。

昨晩は激しくバスケをしたためか、体の節々が痛むも明け方のお祈りを捧げられました。
さて、明け方をすっきり起きるためには睡眠の質をあげなければならないと以前話しました。

睡眠の質と食事は密接に関係しています。

私が本や御言葉をもとに実践している食事の取り方についてまとめました。

 

食事の取り方

生きるために欠かせない食事。

食事こそ人生の最大の喜びだと感じてる私にとっては食事を制限するのは非常に嫌なことでした。

しかし、健康であってこそ食事も美味しく食べれる!と考え方を直したら食事も改める気持ちになれました。

 

食事のタイミング

朝昼晩3食とるのは基本ですが、意外とできていませんでした。

朝は起きてから3時間以内には食べはじめたいところ。

また夕食は就寝2時間前は飲食しないことを意識して取り組みました。


食事の量

夜はあまり食べません。

腹5分目くらいです。

朝と昼にがっつり食べましょう。

だけど、腹8分目は意識して(笑)

 

食事の選択

ディナーは豪華になりがちですが、豪華にするのは朝か昼にすべき。

肉料理もできれば夜は控えたいところです。

目覚めが良くなれば、朝から重めの食事をがっつり食べることも楽しめます。

朝昼はがっつり、夜はヘルシーに。

 

菜食主義

やっぱり野菜は必須です。

冷蔵庫には常時サラダを作るためのレタスを備えておくといいです。

サラダはいろんな形に仕上げることができるので楽しいです。

そんなに時間もかかりませんし。

見た目を楽しめるように工夫すると長続きしそうですね。

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。