予め準備しておくこと〜上司からのアドバイス


6/1より新しい職場での仕事が始まりました。

常駐SEの場合、本社から客先に常駐して仕事をします。

実は、その客先(=常駐先)がまだ決まっていません。

客先を決めるには、軽い顔合わせと呼ばれる面談を通さなければいけません。

その面談で本当に適正な人なのか、自社が希望する案件なのかを判断します。

両社が納得して初めて成立するのです。

ということで、今日も面談に行ってきた次第です(^o^)

 

面談には上司と一緒に向かいました。

客先に行く道中、上司といろいろ話しました。(9割上司が話してましたが^^;)

その中で、僕が5年後にリーダーを経験したいと話しました。

上司は、それもありだね。と答えてくれました。計画を立てることはいいことだからです。

でも、上司の経験したリーダーは入社わずか2年目でした…

まあ、20年以上前の話。参考程度でいいとは思うのですが、今の僕よりも若い年齢で!

これには驚きました。

更に聞いてみると、もちろん最初はやるつもりもなかったけれど、やらざるを得ない状況だったようです。

そして、実際やってみると、死にそうなくらい大変だったようです。

 

そんな話をされました。

この話で何がいいたかったのか?

 

それはチャンスはいつ来るかわからないということです。

 

僕が5年後にリーダーになりたいと思っている。それはいいことです。

でも、仮に2年後にリーダーをやるチャンスが来たらどうなるでしょうか?

もちろん、選択肢は、

1.まだ早いから断る。
2.折角のチャンスだからやってみる。

この2つのどちらかでしょう。

1の場合、折角来たチャンスを捨てることになります。

5年待たなければならなくなってしまうと、経過していたより、もっと遅くなってしまいます。

2の場合、なんとかやってみますが、準備した分しかできません。

だとしても、チャンスは掴みました。その経験が必ず活きるはずです。

 

準備できていないからやらないのは、勿体無いことです。

いつ来るかわからないチャンス。それを逃さないように、予め準備しておくことが大事です。

 

ベテランならば、経験を見て判断されますが、
4年目では、まだポテンシャルを見られます。

要は実力よりもやる気です。

だからどんどんチャンスは掴みに行ったほうが良い!そう思いました。

上司からのアドバイスは、天からのアドバイスだったと信じます(^^)/

 

ということで、どこの客先に常駐することになるのか…(笑)

切実にお祈りします!!

ABOUTこの記事をかいた人

岩手→東京(大学→社会人) 興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。 東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。 最近は、映像にハマりだしてます(^o^)