祈る理由


明け方チャレンジによって、祈りに集中していたことによってある一つの疑問が浮かびました。

なぜ、信仰者は祈るのか。

 

男性スターの方のブログにもあったように(「半径1」の球を分解して、再び組み立てて「半径2の球」を作れるか?)、

曖昧な定義によって変なパラドックスを起こさないためにも、

摂理の人はなぜお祈りをしているのか、明確に言及します。

祈りは対話だから

祈りは神様との対話だと教えてくださいました。

ではなぜ対話をしなければならないのか。

神様との愛を深めるためです。

私たちは生きている意味を神様との愛に焦点を置いて生きています。

恋人同士も愛を交わすには会話がなければならないように

神様と愛を深めるためにも対話が必要。

 

 

祈ると神様が働きかけてくださる

神様は求めた人にしか与えてくださいません。

求める人に与えるのが神様の法則。

求めるのは祈りでします。

祈れば思いもよらないところから祝福が訪れます。

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

すべて求める者は得、探す者は見い出し、門をたたく者はあけてもらえるからである。

マタイによる福音書7章7-8節

 

祈りは信仰の基本中の基本

御言葉を聞く時も、仕事をする時も、賛美をする時も

祈りの土台の上に行いなさいと教えていただきました。

そのように教えてくださるのも、普通に行って得る祝福よりも

もっと高い次元の祝福を与えてくださろうとする主の思いがあるからです。

「祈りなさい」という言葉。

主からの愛を感じませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。