がんばり屋さんの特徴


社内飲み会でのある出来事。

 

部長が私を社長に紹介してくれました。

ただ、私は社長と一緒にミーティングをしたこともあるほどの顔馴染みで紹介されるのは今さらのような状況だった。

社長は「知ってるよ!Lackくんは頑張り屋さんだよ。」

と言われました。

 

ほほー。そのようなイメージを抱いてくださっているのか。

ありがたい限りです。

 

頑張り屋さんとして認められるには具体的にどんな行動をとればいいのでしょうか。

いくつかの特徴をまとめました。

 

小さなことに忠誠を尽くす

大事の前の小事といいますが、

小さなことを大切にできなければ大きなことも大切にできません。

電話対応や会議も大切にしていくべきです。

また、小さなことでもミスした時はノートに書くなどして振り返る行動をとるといいかもしれません。

 

大きく成したことだけが御心を成したことではない。<神様の絶対的な御心>を成し遂げれば、小さく成し遂げても、成し遂げたことになって終わる。

2017年6月15日明け方の箴言

 

 

積極的な質問と提案

少しでも疑問に思ったらすぐに質問!

積極的な姿勢をみせることができるだけでなく、

自分が間違っている認識を持っていたら、上司が教えてくれるので修正できるようになりす。

問題点が見えているということなので、提案も浮かびやすいと思います。

心の中に秘めるのはもったいないので話しましょう。

 

 

時間を守る

いくら積極的だったり仕事ができても基本的なところができなければイメージは悪くなります。

簡単にできるようなことを徹底してやることも知恵ではないでしょうか。

知恵は時間を守ることだ

2017年6月14日 水曜礼拝の御言葉

 

 

自ら工夫する

任せられた仕事に一工夫いれてみましょう。

例えば、早く行うだとか、前もって準備するだとか、マニュアルを作ってみるだとか。

やりすぎには注意ですが、業務に支障をきたさない範囲でやる価値はあると思います。

 

責任感が強い

責任感を持って仕事をすると、中途半端なところで投げ出しません。

最後までやる精神が滲み出ます。

 

 

まとめ

これらの要素を持つのに根本的な姿勢は

主人意識

主人ほ自然と管理するようになります。

そして、管理して手入れした人のものになると鄭明析先生が教えてくださいました。

いやいや働かされるのは誰もが避けたいと思っているはず。

自らが主人になって働くことで喜びと感謝を持って仕事に取り組んでいきたいものです。

会社も神様が与えてくださったもの。

仕事をしている時は自分の所有物だと思って、大小関わらず忠誠尽くして働いていきたいですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。