仕事のやりがい


SHOです^^

最近、親がドラマを見ながら言っていたのですが、

「医者はやりがいがあるだろうな」と。

IMG_3432

それを聞いて私は

確かに、命を助けるということは本当にすごいことだな。偉大だな。

医者になっていたら、どれほどやりがいを感じて生きていたかなと思いました。

 

そこで今一度自分の仕事のやりがいについて考えてみました。

 

自分の仕事は医療保険の賦課徴収です。

ざっくりいえば、医療費をまかなうためのお金を集めています。

 

医者に比べたら、小さい仕事だなと思いました。

しかし、もう少し考えてみました「(゚ペ)

 

医者は偉大だけれども、医者一人で命を助けているわけではないな。

看護師が患者さんの管理をしてこそ確実に治療ができるし、

最先端の機器を開発する人がいるから、より多くの人が助かるようになったし、

メスやハサミなど道具を作る人がいるからこそ、医者が技術を活かせる。

 

じゃあ自分の仕事は?

医療費が適切に運営されないと、病院が成り立たない。そうなると十分な治療ができないのではないか。

みんなが医者である必要なはい。むしろ皆が医者だとうまくいかない。どの職業も、それぞれの位置でありながら、大きな役割をしているのだなと思いました。

お医者さんがその力を存分に発揮し、多くの命を助けられるよう、今の仕事を頑張りたいなと思いました。

鄭明析牧師はおっしゃいました。

人間も、この人があの人の代わりになれない。「個性と才能の王」だからだ。だから、仕事をするときは「それぞれその仕事にふさわしい個性を持って才能を持っている人」を使ってこそ、その仕事ができる。

他にもたくさん個性についておっしゃっていますので、ぜひマンデーをご覧ください^^)/

 

あと、みなさん健康診断に行ってくださいね。

健康管理をして、医療費を下げて、保険料をさげたいですからねヾ(゚▽゚ゞ)

ABOUTこの記事をかいた人

福岡(大学生)→岡山(社会人) と摂理を走ってきた20代男子です! 最近はまっていることは、出来事を振り返ること。 ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )