人を教えていて感じる「反応」の大切さ


おはようございます、satoです。

昨日牧会者と話す中でこんな話を聞きました。

「satoが前で聞いているときとても御言葉に対する反応が良いよ。そういう人が一人いるだけで違う」

私は使命の関係で後ろでパソコンを扱うことが多く前に出られるのはそこまでないのですが、そういうときの私の反応は頷いたり、アーメンと言っているようでそこを牧会者の方が話していました。
…私自身はそこまで自覚なかったのですが(´・ω・`)御言葉を聞きながら葛藤してたり、受け入れられないなってもがくときも多いですしね…。

ただ、こういう話は以前も別の人がしていました。
御言葉を勉強中の人の後ろで御言葉を聞いていたのですが、自分の反応の良さに「どんどん御言葉が出てくる」と話していました。

そのように、反応する人が一人いるだけで神様がとても注目され「深い御言葉」が引き出されます。
それで教会の雰囲気も良くなっていくのだそうです。

 

教える立場から「反応」の話

教える側からしたら「自分の話反応してくれる人」はとてもありがたいです。
その人を通して「どのようなところが分かっているのか」がはっきりするから、伝えやすいのです。

私は仕事で人に数学を教えることがあるのですが、その際「反応する人」に積極的に当てます。
今年はとても元気で反応が良い人がいます。その人は数学が苦手だそうで、私が一通り計算したあと「わからないところある人~」って聞くと「わかりません」と言ってくれます。
そうしたら、自分が一つ一つ確認して、分からないところをより丁寧に教えます。
そうすることでつまづきを解消していきます。

「授業後にしても良いのでは」という意見もありますが、私はこういったやり取りを授業にするのがとても大事だと感じています。
なぜなら、一人が躓いていることは、たいてい他の人も「あれ?」って思っているからです。だから、私はその人一人を通して多くの人に教えているイメージで教えています。

去年も反応がいい人がいまして、その人がいる授業はとても楽しかったです。そして、反応する人は大抵成績もとても良いです。
去年末くらいにばったり会って「授業で教えてもらったことがどんどん使われました!」と反応してくれたのはとても嬉しかったです。
そういうことも考えると、反応してくれる人は本当に嬉しいのです。

先の牧会者の話の続きとしてチョウン牧師の話をしてくださいました。
チョウン牧師は御言葉を聞き始めたときからとても反応が良く、「アーメン!」って喜んで聞いていました。
それを見ながら鄭明析先生は「チョウン牧師を皆だと思って」御言葉を伝えた、という話です。

そんな話を聞きながら、「もし私の反応で神様が御言葉を伝えてくださるなら、本当に対話になっていいな」と感じました。
もっと反応しながら御言葉を聞いていきます\(^o^)/

この記事を書いたブロガー

sato
霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。