経緯


「経緯」
「いきさつ」とか「けいい」と読みますね。

これは、「過程」とか「物事の道筋」を意味します。

最近、とあるメンバーから話してもらった話です。

経緯は経験した本人しか話すことはできません。
仮に、別の人が話したとしても、説得力がありません。
実体験した本人が話すから力があります。

経緯は、自分だけのものです。
だから、大切にしていかなければなりません。
大変だったことも、嬉しかったことも、楽しかったことも、全て経緯です。
後になって、良かったと思える時が来ます。

 

言葉に力がある人は、実際に行なってきたからです。
鄭明析牧師は、誰よりも聖書を実践しました。
だから、説得力があります。認めるしかありません。

信用出来ない人は、話すだけ話して行なわない人です。
行なわないので、言葉に力がありません。

言葉と行ないは密接に関わりがありますね。

自分だけの経緯。大切にしていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

岩手→東京(大学→社会人) 興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。 東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。 最近は、映像にハマりだしてます(^o^)