神様をいつも考えていたら、色々な祝福が来た件


こんばんは、satoです。

ブログを書きながら、目的設定が曖昧になっていたことに気づいた私。
研究や論文作成も根本は「自分を変化させるために」行うのだ、ということに気づいてから少し精神的に安定してきました。
その後、すぐに寝て起きて、明け方の礼拝に行きました。
そうしたら、そこで次の御言葉が出てきました。

仕事に溺れる原因は、仕事の根本の目的、
つまりあなたがその仕事をする目的を考えないからだ。
私をまことに愛して行う、その目的を抜かして、
私をいつも考え、感じながら行わなければ
その仕事は肉的な仕事になってしまう。

(中略)

だから私を24時間考えから離さず
共にする愛の生活をしなければならないのだ。
考えで私をまず探して呼び、共にし、接触することがとても重要だ。-摂理の御言葉「接触してこそ生きる。生活の中の愛だ。」より

最近の状態がまさにこんな感じでした。まさに木曜に書いた「目的を失い、喜びを失った状態」だったのです。
しかし、目的が「神様と愛し合うこと」だということは抜けていました。しかも、私はこのとき論文などの関係でストレスがいろいろ溜まっていたのでした。
こういう「余裕のないとき」にでも、神様のことを考えさえすれば愛の言葉、喜びの言葉は出てきます。
でも、私にとって「苦しい、つらい」という感情はなかなか消えずどうしてもそれを晴らしたい…という感情的な発言をしようとしていました。
それは、明け方の御言葉を聞いた後でも同じでした。

正直、ゼミに行きたくない…。
もうやめたい…。
そういう考えが出てきますが、それでも「神様のことを考えて」感謝の言葉を出しました。
「これが過ぎればまた何かが起こる」と考え、ゼミに向かいました。
今やめてしまったら、後には何も残らない。そのことは理解していました。
主を傷つける、そのこともわかっていました。でも、あの時はあまりにも苦痛だったのです。

それでも、言葉だけでも、感謝をしました。

ゼミでは発表をせず最近送った論文の添削をしつつ、色々な話をしました。
私がストレスになっていた原因の一つが「時間をかけたのに、論文の文章があまりにひどい…」ということでした。
正直これってどうなんだろう…と思いつつ、「自分が書く」と言ったのにこのありさまでは…とかなりへこんでいました。しかし、教授はいつものように(私のひどい英文を見て)あきれつつ(笑)添削をしてくれました。
この時点で私の心は安堵したのですが…さらにいろいろ近況を話したところなんと

教授を通して経済の祝福が…|д゚)

授業関連であることをしていて、それにお金がかかっていたのですが(あくまで自分がしたいからしていたのだけど)、その話を聞いてこっそり|д゚)あんまり詳しくは書けないですが…。
教授の後ろに神様を見ました。教授を通して神様が助けてくださっていたことを感じました。

ゼミが終わった後、本当に感謝の言葉しかありませんでした。そして、それまでの辛いと思っていた自分の小ささも切実に感じました。
それによって、「もっと自分を捨てたい」と思うようになりました。
よく忘れてしまうけど、私たちのことはすべて神様が助けるのです。だから、私たちがすべきことはひたすら「神様の願いを成すこと」。
だけど、自分が少しでも残っていたら…自分のすべきことの方が大きく見えてうまく行えません。
だから、もっと自分を捨てたい、と切実に思うようになりました。

「神様のことを考えた」時に神様が助けることをはっきりと感じられるし、はっきりと受けられるのです。
そういえば、さっきの自分が授業関連でしていたことも、それを通して「一人でも神様のことを感じられる機会にしたい」と考えながらしていました。最近はすっかり忘れてしまいましたが…。
とにかく、もっと感謝し、もっと自分の抱える心配、悩み、不安を捨てながら喜びで生活していきたいと切実に願います。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。