摂理で信仰をする楽しみ。それは「神様と御言葉で出会う」こと


こんにちは、satoです。

前日こちら「小さく分けて、小さい行いをできるように集中する」ことで自分の波を乗り越える、という記事を書きました。

それで、その後どうなったかといいますと…。

記事を書いたことで私が明日起きるときにどうするのか、整理できた私は寝る前にお祈りするときも「まずは『起きて立つ』ことに集中します。」と神様に言いました。それで、脳にこの言葉が刻まれました。

次の日の朝…

摂理では明け方に礼拝があるのですが、始まる10分前に目が覚めました。

sato「あー…まじか…こんなこと言ったのに、明け方10分前…これ絶対『早k」

「まずは『起きて立つ』んでしょ?」

その声の主は、私の魂体でした。

その声にハッとしつつ、「起こして下さり感謝します!」と神様に言って、速攻シャワー浴びて教会に向かいました。

行く間 「まずは明け方に『起きて立つ』ことができたし、礼拝にも行けるようになった。本当に感謝だし、まずはよくやったことだ」 と心に浮かべ、時たま押し寄せる 「昨日早く寝ないから…」 と言われるかもしれない不安を打ち消しました。

というかそう思い浮かべることで、不安が薄れました。今にして思えば、聖霊様が来て、働きかけてくださっていたのです。

その結果、明け方も久々に(約一週間ぶり。風邪の治療もあったのですが、ちょっとリズムが崩れていました)来て、心もどこか嬉しくなりました。賛美もどこか嬉しそう。…しかし、本当に驚くべきはここからなのです。

その日の明け方の御言葉で…

その礼拝で伝えられた啓示の御言葉の中にこんな言葉がありました。

『本当に作られた人はあらゆる困難を味わっても勝利した人の道を行く人だ。 そして、波を楽しむことを知っている人が本当に完成された人だ。 人生の波、生の波、さまざまな困難を楽しみながら解いていく人が真の完成者だ。』

!!!! これ、昨日私がブログに書いたことの答えじゃないか…!!!

昨日も書いた通り、いろいろな理由で、私には信仰や生活の波があります。その一つにはAD/HD等の生まれ持った脳の傾向があります。 なので、波は避けられません。

でも、その波を楽しむ。 それはどうやってか…。

<小さい勝利>はしやすい。<小さい勝利>を成して、それによって次元を上げて<大きい勝利>をしてみなさい! <自分の水準>どおりに行なって満足するのではなく、<神様が願い、主が願うこと>を行なって満足しなさい!

鄭明析牧師の明け方の箴言から

これも、私が昨日書いた一つの行いをいくつかのプロセスに分けて、小さなこと一つ一つを集中して行うということと一致しています。 そう、礼拝で伝えられた御言葉が、まさに自分の書いたブログの内容と対応していたのです!!!!!

この御言葉を聞いて、私は衝撃と感激をしました。

本当に、神様は私の小さな行い、小さなもがきを見てくださった…

久しくなかった「神様と一対一で出会う」感覚。 それを感じて、とても感激しました。

公義の神様

神様は公義な方でいらっしゃいます。ところで、公義とはどういう意味でしょうか?

それは行なったとおりに、与えるということです。

神様は行なった通りに報いてくださいます。 それを御言葉で、行ないで、万物で、さまざまに教えてくださる。それを知って、感激して喜ぶことができる。 それが、摂理の楽しみなんだと、わかりました。

また、今日の御言葉を受けて、小さなところから頑張ります!

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。