摂理の中の私と神様。~霊魂体験記~その5


「魂体」、あるいは「霊の思い」。
それは、私が信仰生活をする中で、いや、実はもっと前から…たくさん感じていました。
たとえば、ご飯を食べないまま礼拝に行く途中。
近くのコンビニに行ってご飯を買おうかな、と考えていた私。しかし、私の心には「ご飯を食べたくない!」と思う気持ちもありました。それは「ご飯を食べると御言葉に対する気が逸れてしまう。ご飯を食べずに礼拝に行けば、それが「ご飯より礼拝を優先したことになる」から、神様に条件となる」という霊の考えからでした。
そういうとき、私はかなり、かなーり、葛藤します。
「いや、そこまでしなくてもいいじゃん。」
「ご飯なんてあとから食べればいい!」
「俺はお腹が空いているの!」
「私だって、お腹が空いてるよ!(御言葉的な意味で)」
…大体、そういう状況に陥るときは考えが漫然としていて考えが肉体側に片寄っている状態なんです。だから霊的には饑餓モード。よって霊魂が御言葉を聞くこと、祈ることを優先しているというわけです。しかし、そういうときは「肉体側の考えが強い」ので、
「そんな早くに行って、何をするのか…」とか
「ご飯を食べたぐらいで神様が罰するか…?」とか
やはり抵抗も大きいのです。
結局、そういうときはご飯を食べないときがあるし(そういうときは霊は勝ち誇ったかのような反応をする)食べるときもあります(霊は残念に感じる)。
ちなみに、考えが漫然としていないときは「礼拝はこれくらいの時間だから、何時までに出て、ここでご飯食べて…」と行動しています。つまり「礼拝に基準を合わせて動いている」わけです。もっとも、これができるようになったのはつい最近のことです。
また、これも最近のことですが「ご飯を食べるかが肝心ではなく、そこでどれくらい主と交通しているかが重要」だと霊肉共に悟ったので、ご飯を食べても以前のように霊がいやがることもないです。
肉も最初は「ご飯を食べない」ということがどこか「負けた」感じがして、憮然としていました(ので、実はあまり礼拝にはいい影響がなかった)が、最近では霊のことも理解してあげて祈るようにはしています。
この辺り、霊肉共に「成長した」ということでしょうか。
こういう「霊肉の葛藤」というのは、御言葉を聞いていると特に日常茶飯事で、たとえば「サークルやめよう!」という霊の思いと「いや、サークルはやめたくない!」という肉の思いが御言葉中にぶつかって大変でした。いや、本当に。

この記事を書いたブロガー

sato
生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. どがんしとんね☆長崎Yoです^^ 先日、長崎は北の方面、佐世保に行って参りました~☆ 久…
  2. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…
  3. 自分こう見えて、食べるの好きです笑 ということで、グルメのカテゴリを作ってみました笑 (ちな…

摂理について

  1. おはようございます(*^▽^*) 大阪のmiyaです。 私は摂理歴20年超え。 長い時が…
  2. 今日は鄭明析先生について突っ込んで書いてみたいと思います 僕は先生が大好きです。しかし、先生は…
  3. 家庭局ママYulanです! チョン・ミョンソク先生は、今週の水曜日には、 「糸一本ほどで…

スポーツ

  1. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…
  2. 誰でも自分自身の嫌いな性格ってあると思います。 嫌いとは言わなくても、直したい性格、もしくは習…
  3. システムエンジニアの職業病ともいえる『腰痛』。 これは苦痛です。これが出てくると仕事を早退しな…

Authors

koya
koya (306)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (182)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (67)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1223)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (3)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る