福島県で震度5弱(M7.4)の地震発生


福島県で明け方5時59分ごろ、震度5弱の地震が発生しました。

地震の規模を表すマグニチュードは7.4、震源の深さは約30kmです。

今回の地震では3mの高さの津波警報が発令されました。

(午前9時46分に解除済み)

 

明け方の地震は恐ろしいですね。

寝入っている頃に地震と火災、津波や地割れが起こりますので、気づくのが遅れたら、大変なことになります。

 

NHKによる福島県の緊急速報では、画面に『すぐにげて』の太文字が映し出され、これはやばいなという緊張感と危機感、焦燥感を覚えました。

 

私も、熊本地震があった際に、長崎でも震度3ほどの揺れを経験しました。

住んでいる家が木造でもあったためか、揺れが大きくひどく感じ、とても怖かったことを覚えています。

この時も、夜中の時間帯でした。

携帯電話の地震警報アラームがあちらこちらで鳴り響いで、物々しい雰囲気だったのを覚えています。

 

正直、地震にあったら、正常な判断で対応できるか、自信がありません。

いざという時には、普段行なっていることをそのまま行なうしかありません。

なぜでしょうか?

 

命に関わる緊急時の時には、頭で一つ一つ判断している暇がないからです。

体が動く通りに動いて行なっていきます。

特別に訓練をされた人以外は、自分の身を守ることで精一杯でしょう。

せめて、家族や愛する人を守るということになるのではないでしょうか。

人の命を守るということは、自分の命を差し出すということを意味します。

そうでもしなければ、命を守ることは到底できません。

 

私たちの命も、自分が生きているように思えても、実は誰かの支えを受けて生きている。

ということを感じます。

自然の災害の前では、私たち人間はなすすべがありません。

しかし、災害に遭う前に、準備することはできます。

まずは、災害に遭わないように心がけること。

そして、災害に万が一遭ったとしても、問題なく対応できるように備えておくことです。

 

また、地震が起こるかもしれません。

まさかと思う時と場所で、起こるかもしれません。

私が、その現場に直面するかもしれません。

このように考える時、自分の命の貴重さと価値を考え、命が与えられていることに感謝するしかありません。

 

一人でも多くの方の命が、今日も明日も、これからも、守られますことをお祈りしています。

 

 

ランキング参加中☆応援よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

follow us in feedly

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活をするYo。 1985年生まれ。長崎県長崎市出身。東京在住。最近は安くていいもの巡りにハマっている☆