田植え:補植(ほしょく)の効能


GW、みなさんどこに行かれましたか?

私の奥さんの実家では、毎年恒例の田植え企画が催されており、教会のご家族や知人などで毎年来てくださって補植作業を手伝ってくださいます。同じブログを書いている方々も手伝いに来てくださいました。

 

補植とはどういう作業なのかというと、
だいたいの場所は機械で苗を植えることができるのですが、機械では植えられなかった部分、植えても抜けてしまった部分、機械では植えることができない端っこの部分などを手作業で植えて補完していくことを指します。

 

私達に聖書を教えてくださる牧師先生も農家の出身なので、農業を通してたくさんのことを学んだそうですが、参加者の方の話を聞くと、やはりそれぞれ学ぶことがあるそうです。

 

妻によると、一株から実る米はだいたい100粒だそうですが、一杯のご飯は米2500~3000粒とのことなので、30株分植えると、ご飯一杯分になるという計算になります。

 

普段なにげなく食べているご飯一杯がそうした労苦の上に成り立っていると思うといろいろと感じるものがありますよね。

 

今回は過去最多の50名弱の方が来てくださって、補植作業をしてくださいましたが、一日ですべての作業を終えることができたので、本当に助かりました。

 

私自身は腰痛持ちなので、作業には関われず、家で来てくださった方々の昼食やらおやつの準備するくらいしかできないのですが、田植え企画が行われる前までは、一家総出でGWをすべてつぶして作業していたそうなのでどれだけその助けが大きいことでしょうか。

 

聖書には、今まで見向きもされず人も訪れなかった母子家庭のザレパテのやもめ女の家にエリヤ預言者が来たことによって、人々がその話を聞きたいと群を成すようになったことをたとえて、小麦粉の入っていたかめがつきないようになったという話がありましたが、まさに似たような状況だなと個人的には感じました。

 

神様が共にされている場所には人々が集まり、笑顔があふれ、祝福を受けるようになります。

 

ザレパテのやもめ女はあまりにも貧しくて、エリヤ預言者が来たときにはかめに一握り分の小麦粉しかなく、最後にそれを親子で食べて死のうとしているくらいの状況でしたが、自分達の分として使うのではなく、その小麦粉をパンにしてエリヤに与えることにしました。

その条件があったから、エリヤが滞在するようになり、結果的にはエリヤの伝える神様の話を聞きたいという人々がその家に集まるようになり、状況が一変したといいます。(おそらくその謝礼として小麦粉もたくさん得られるようにもなったのでしょう)

 

それと同じく、私の妻も信仰を持つようになってから、田植え企画をするようになり、教会の友人や知人を通して実家が祝福されるようになったのかなと毎年感じずにはいられません。

 

そのようにしてくださった神様に感謝ですし、神様の縁を通して多くの人たちをつないでくださっていることにも感謝です。

 

また、証(あかし)ですが、この企画を行う日は、過去一度も雨に降られたことがなく、晴天に恵まれているのだそうです。

 

今回、4月29日に企画が行われましたが、当初の週間予報ではその日は雨、前日の予報でも午前中は雨ということでした。しかし、ふたを開けてみれば、雨に降られることなく、企画を終えることができました。

 

このように、いつもそっと私達を助け、導いてくださる神様に感謝です。

 

今年も実り多き年になりますように。また、手伝った方々の上にもより天が祝福してくださればと思います。

 

Yoshi

IMG_1958

 

この記事を書いたブロガー

yoshi
学生時代はバックパッカーとして海外に行く機会が多くあり、そこで信仰を持たない日本の方が世界で見れば特殊な国なのだと気づきました。縁あって社会人になってから摂理に出会うようになり、楽しく過ごしています☆今は奥さんと2人で信仰生活を送っています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. こんばんは、satoです。 ここで記事をたくさん書かせていただいていますが…
  2. ちょっとニュースになっているので… これやばいですね^^; 長さ32センチ!! …
  3. こんばんは、satoです。 北海道に住んでいて、一番恵みを受けるのは食。そんな北海道の食をご紹…

摂理について

  1. 私が摂理に身を置くようになって9年、2017年には丸10年になります。 年齢はまだ30代後半入…
  2. 時がくれば人はいつしか結婚し、子をなし、次の世代へ歴史をつないでいく。 今までの歴史がそうであ…
  3. 数年前、親に摂理で聖書を学んでいると告白した時、父親から反対されました。 「新興宗教は…

スポーツ

  1. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…
  2. 誰でも自分自身の嫌いな性格ってあると思います。 嫌いとは言わなくても、直したい性格、もしくは習…
  3. 昨日の就活イベントの後に慶応大学野球部の1年生の子に会ってきました。 この子は我が高校の後輩。…

Authors

koya
koya (307)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (183)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (70)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1226)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (4)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る