体調が悪くなった時の私の定番料理。


おはようございます、satoです。

前から体調が悪いと話していましたが、昨日ついに限界を迎え寝込んでしまいました…(´;ω;`)
寝込むくらい体調が悪いという時、大抵栄養が足りていなかったり、疲れが溜まっていたということがあります。
こういうとき、私がいつも作る料理があります。それはポトフです。

作り方は単純。

家にある野菜をたくさん(大雑把に)切って

油で炒めて、たくさん煮込んで

塩で味付け

これだけです。
この料理が風邪気味の時に良いのはいくつか理由がありまして。

1.簡単に作れる。
大量の野菜(基本は人参、じゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、きのこ類)と肉を大きく切って煮るだけなので、最初切りさえすればあとは放っておいてOK、という手軽さ。
しかも、大きく切れば煮込む時間も掛かりますが、その分休めますしね。体力がない状態でもこれくらいなら簡単です。

2.味付けがシンプルかつ美味しい。
ちゃんと煮込みますと、野菜とお肉の味がしっかりと出ていてこれだけでも美味しいです。
だから、あとは塩のみでOK。余計な添加物が入る心配もなく、味付けとしても体に優しめなのです。
体調が良くない時には特に助かります。

3.栄養が取れる。
たくさんの野菜を煮込んでいるので、栄養が取りやすいです。
さらに、よく煮込むので消化にも良く、栄養を吸収しやすくなります。

4.アレンジしやすい。
トマト缶を入れるとミネストローネ。
牛乳を入れればシチュー。
というようにアレンジが効きやすいです。また家にある野菜を入れるだけでいいので、割りと機転が利くのです。

5.大量に食べられて、大量に保存できる。
大量に作れるので、大量に食べられます。そして結構長く保存することができます。
これも体調が良くない時には助かります。…たくさん食べるのは体に良くない時もありますが(´;ω;`)

昨日は生姜をすりおろして、体が温まりやすいようにしました。
そして、たくさん食べてたくさん寝ました(笑)
そうしたら、一夜で体調が回復しました(`・ω・´)

今日は家にあったブロッコリーに色々な野菜を買ってきて、シチューにしました( ´∀`)

肉も栄養をたくさん取れば回復するように、霊もそうです。
霊に元気がないと、心も肉体もやはり元気がありません。そういうときは、霊のご飯をたくさん食べる必要があります。
霊のご飯とは何でしょうか?

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。
-マタイによる福音書4章4節

それは神様の御言葉です。
神様の御言葉も美味しくいただき、霊も肉も元気に一週間頑張ります( ´∀`)

この記事を書いたブロガー

sato
霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。