「聖書」を通して出会った摂理の兄弟たちとの忘年会…ならぬ「感謝祭」!


こんばんは、satoです。
今日は摂理の御言葉を聞く主日。
なんと、今年は今日が最後の主日でした!Σ(゚Д゚)
今年最後の主日で伝えられた摂理の御言葉は
「人生を生きる味」
という主題でした。
御言葉の中でも「食べ物の味」について話されていました。
どんなに美味しい食べ物でも考えが他のところに行っていたり、ぼうっとしている状態で食べたら、なんの味も感じず喜びもないというたとえを通して「人生を生きる味は考えだ」と鄭明析先生は話されました。
こういう話が摂理の御言葉で出ていたから、というわけではありませんが…。
今日の夜、摂理の教会の男性内で「忘年会」ならぬ「感謝祭」をしました。
世の中だったら「お酒を飲んでこの年にあった嫌なことを忘れる」ための忘年会なところ、摂理にいる私達は「美味しいご飯を食べつつ、この年に得たこと、神様が働かれたことを証する」感謝祭です(笑)
というわけで、今日はみんなで美味しいビュッフェに行きました!
28830.jpg
「ひな野」というお店です!なんと時間無制限の食べ放題!飲み物もデザートも充実していました!
美味しそうなご飯が揃っています(笑)
みんなでおいしい食事を堪能しつつ、それぞれが「今年摂理で得たもの」について証をしました。
結構いつも近くで共にしている兄弟と、久々に北海道に来た兄弟がいましたが、みんな本当に変化を遂げていました。近くにいると毎日見ているのでその価値を失いがちだったのですが、改めてこの兄弟と共にいれることに感謝です。
私自身も今年色々祈って賛美して、ブログを書く中で感じたことを話すうちに心が感動して…。
みんなとと乾杯していました!…野菜ジュースと烏龍茶ですが(笑)
でも、本当に楽しかったです。いい意味で。互いが自分を出せていて、遠慮なく気兼ねなく話せる感じといいますか。心から笑った気がしました。
聖書でもこんな聖句があります。
エペソ人への手紙5章18-19節
酒に酔ってはいけない。それは乱行のもとである。むしろ御霊に満たされて、詩とさんびと霊の歌とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。
私達は「自分を出せない」からお酒の力を借りて人と接そうとします。あるいは、楽しそうだからと何も考えずにお酒を飲むこともあります。私はかつて後者でした。
しかし、摂理で神様のことを知ってから「聖霊によって自分を出すことができる」ということを知りました。お酒を飲むよりはるかに楽しく、聖霊によって、主の愛に酔うことができるんです!これは…実感してみないとわかりませんが。
おそらく摂理で御言葉を聞き、聖書の考えで自分を作らなければけっして会うことのなかったみんな。
「聖書」を通して出会った兄弟たちとこういう場が持てたことに感謝ですね(^^)
でも、それ以上に…私を摂理に連れてきてくださった神様と聖霊様、御子に、そして御言葉を伝えてくださった先生に心から感謝です(^人^)
神様、聖霊様、御子、先生、今年もたくさん与えてくださり感謝しまーす!(*^^*)

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。