のどか村


教会のイベントで「のどか村」に行ってきました!

目当ては、いちご狩り

毎年、教会のイベントとして行われてます。

今年は親御さんと来ている人もいました。

うちの母親も誘ってみましたが予定が合わず、参加できませんでした。

ここのいちご狩りのメリットは予約なしですべて早い者勝ちです。

毎年の恒例行事のため、やり方は分かっていて、

一番手が思いっきり早く現地に到着します。

今回はのどか村の職員よりも先に到着して開園を40分ほど待ちました。

開園数分前には多くの車が到着。開園後数分でいちご狩りの受付は終了となりました。

時が大事ですね。

全員でひとつのビニールハウスのいちごを30分食べ放題です。

 

とにかく食べまくりました。

20人もいたら結構食べますね。

赤いのはほとんど食べつくしたんじゃないかと思うくらいに。

 

二番目の娘がいちご好きで、毎日のようにいちごを食べてたので、

たらふく食べて満足したことと思います。

 

そのあとは鶏小屋に卵を取りに行く体験をしましたが、

鶏たちが人に慣れていて足を突っついてきました。

よくよく聞いてみるとそれが鶏の愛情表現とか。

卵をゲットした人はそのまま野外食堂で卵かけご飯を食べてました。

もう、いちごでお腹いっぱいになってましたが、結構おいしくて、完食できました!

寒い冬の合間に少しあったかい日を用意して下さり、

教会の人たちと楽しく対話したり、食事したりと楽しく過ごしました。

 

 

この記事を書いたブロガー

miya
miya
高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. ちょっとニュースになっているので… これやばいですね^^; 長さ32センチ!! …
  2. こんばんは、satoです。 ここで記事をたくさん書かせていただいていますが…
  3. どがんしとんね☆長崎Yoです^^ 先日、長崎は北の方面、佐世保に行って参りました~☆ 久…

摂理について

  1. 昨日、メンバーと神楽坂飯店に行ってきました! 飯田橋方向から、神楽坂の通りを登る手前、 スタ…
  2. 家庭局ママYulanです! チョン・ミョンソク先生は、今週の水曜日には、 「糸一本ほどで…
  3. こんにちは!摂理の大学生Koyaです!! マルコによる…

スポーツ

  1. 誰でも自分自身の嫌いな性格ってあると思います。 嫌いとは言わなくても、直したい性格、もしくは習…
  2. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…
  3. システムエンジニアの職業病ともいえる『腰痛』。 これは苦痛です。これが出てくると仕事を早退しな…

Authors

koya
koya (307)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (183)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (69)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1225)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (4)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る