副牧会者との最後のサッカー


礼拝後は教会の男性でサッカーを行ないました。

鄭明析先生がサッカーを通して摂理の人たちに人生のことを体験させながら教えてくださるということで、摂理のあらゆる教会ではサッカーが盛んです。

副牧会者の方が遠隔地で牧会者となられるということで、実質一緒にサッカーをするのは最後の機会となりました。

15時から18時という3時間で3試合くらいやりました。

 

副牧会者と最後のサッカーか、、と感慨深くなりながらプレーをしていたので

走りながら目頭が熱くなる瞬間が随所随所に。

そうすると、プレー自体も熱くなり、いつもよりも走り回ったような気が(笑)。

個人的には副牧会者のアシストのおかげさまで2点のゴールを決めることができて、泣きそうになりました。

 

両チーム、点のとりあいで均衡した試合でしたが最後にゴールを決めたのは、

なんと副牧会者!!

ドラマティックな展開を迎えて試合を締めくくれました。

 

途中で雨も降ってきたおかげで地面の砂埃もあまりたたないで、健康も害することなくでき、

試合が終わったころには雨もピタリと止んで、話しやすい環境でした。

天候も、試合の展開もすべてを神様が導いてくださったことを心の底から感じることができた時間でした。

いつも働きかけてくださる神様に感謝です!

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。