筑波大学名物、スポーツ・デーとは!?


スポーツが盛んな大学を調べていました。

早稲田大学や慶応大学など私立大学が数多くある中で、筑波大学がスポーツが盛んだということを知りました。
特に、サッカー、ラグビーなどが強いですね。
どうして国立の筑波大学がスポーツが盛んなのか気になりました。

それで見つけたのが、「スポーツ・デー」というものです。

スポーツ・デーとは通称スポデーと呼ばれているもので、学生も教職員も一緒になって参加できる大学主催の行事だそうです。
毎年春と秋にそれぞれ2日間ずつ開催され、参加者は1万人を超えるとか!

 企画は大きく
 ・正式種目
 ・学生委員会企画
 ・サークル企画
以上の3つに分かれています。

種目は、
・サッカー
・ソフトテニス
・バレーボール
・キックベース
etc…

ほかにもたくさんあるようです!

高校時代のクラスマッチを思い出します。
でも、これはどうやってチームを組むのでしょうか?気になるところです^^;

自分の母校ではこのようなイベントはなかったので、羨ましい限りです(・∀・)

また、部活動の練習公開もしているようです。

 

スポーツに関連して、
筑波大学では,スポーツ振興を支援するため、
2010年4月から「筑波大学スポーツアソシエーション(TSA)」というものが設立されました。

 

 

やはり、部活だけではなくて、様々イベントを開催したり、団体が支援しているようです。

筑波大学から、プロ選手がたくさん排出されることを願います☆

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. ちょっとニュースになっているので… これやばいですね^^; 長さ32センチ!! …
  2. 自分こう見えて、食べるの好きです笑 ということで、グルメのカテゴリを作ってみました笑 (ちな…
  3. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…

摂理について

  1. おはようございます(*^▽^*) 大阪のmiyaです。 私は摂理歴20年超え。 長い時が…
  2. 数年前、親に摂理で聖書を学んでいると告白した時、父親から反対されました。 「新興宗教は…
  3. 昨日、メンバーと神楽坂飯店に行ってきました! 飯田橋方向から、神楽坂の通りを登る手前、 スタ…

スポーツ

  1. 指導者=実践者 世の中にはいろんな指導者がいます。教育の世界も、政治の世界にも、ス…
  2. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…
  3. 昨日の就活イベントの後に慶応大学野球部の1年生の子に会ってきました。 この子は我が高校の後輩。…

Authors

koya
koya (306)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (182)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (67)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1223)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (3)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る