北海高校野球部は「相手を敬う」スタイル。


こんばんは、satoです。

オリンピックも明日で最後ですが、この間に日本ではもう一つ大きな大会がありました。
それが、全国高校野球甲子園!
今年も高校生が日本一を目指して、一年間頑張って来た成果を発揮し、暑い夏の中でも熱くプレーをしてます。

そんな甲子園ですが、今年は事前に注目されていた高校が結構早く敗退していた気がします。
ドラフト会議で話題になるような投手がいるところとか。
そんな中で本日決勝でした。栃木・作新学院vs南北海道・北海高校です。
そう、今年は10年ぶりに北海道勢が決勝まで進んだのです!
結果としては作新学院が優勝しましたが、本当にすごいなと思います(*‘∀‘)

やはり、北海道に住んでいる人としてはこういうのは気になるもの…。
最近パリーグでは日本ハムが11.5ゲーム差を縮めてついにソフトバンクと競り合うようになりましたが、これと同じくらい気になってました(*‘∀‘)
しかも、北海高校は「全く知らない」というわけでもないのです。
私が仕事に行くために地下鉄に乗るとき、たまに見かけたり、挨拶するのを見るんですよ。とても礼儀正しく、元気だった印象があります。
それくらい「身近」なところが甲子園で決勝まで行くとは…。

でも、北海のことが気になっていたのは単に北海道だからとか知っているからとかだけではないのです。
結構私の心が注目するポイントがたくさんあったのが大きいのです。
たとえば、ピッチャーの大西君が一回戦でデッドボールを受けたのですが、2回戦も痛みが残る中で投げていたのです。
しかも決勝までずっと一人で投げ続けていました。これって、とてもすごいことだな、と思います。

さらに、準々決勝では一回で「自分で抑えなければ」と考えて投げたらうまくいかず、3失点しました。
その際、「自分の力では抑えられない」と自分の状況を把握し、打たせて取る方針に切り替えていきました。
アナウンサーの人も言っていましたが「自分の弱さを素直に認める」というのは本当にすごいな、と思いました。しかも試合中に。

そして、それを支えるバックの守備もとても強かったですね。
チームワークがとてもよく、併殺も多かったです。

そして何より印象的だったのがガッツポーズをしないことどんな状況でも変わらないということでした。
ちょうど、他のところがガッツポーズや雄たけびをするのとは正反対のやり方ですね。
確かに宮崎・日南学園の時の試合では、日南学園のピッチャーは元気よく雄たけびを上げていたり、ガッツポーズをしていたのに対し、北海は終始落ち着いていました。
実はこれには理由があるのです。

北海はなぜガッツポーズしないのか。甲子園では珍しいスタイルの「理由」。-NumberWeb

ここに詳しく書かれいているのですが、ガッツポーズをしないのは

相手に点を獲られたから、こっちが得点を獲ったからと浮き沈みしないで、試合をやっていくことが大事だと思います。ホームランにしても試合の中の1つのプレーなので、まだ試合に勝ったわけではありません。(ガッツポーズをしないことが)冷静なプレーにつながっていると思います。

と、「一点一点に一喜一憂せず、試合に勝つということを見て」いるからです。そして、それが「どんな状況でも変わらない」というところにつながっていたのでした。
さらに、主将の大西君は

僕は相手打者を抑えて、ガッツポーズや雄たけびをしないです。野球は相手があって成立するスポーツですから、相手を敬うことを大事にしたいです

(強調部は私がしました)と話していました。
この「相手を敬う」姿勢はこの週の御言葉に出ていた「競争で勝利することより、自分に打ち勝つこと」という話に通じます。
オリンピックでもそうですが、こういう時に「勝ち負け」に強く集中してしまいます。選手も、観客も。
そんな中で相手を「敵」でなく「尊敬する対象」として見る、というのは簡単なことではありません。
でも、そういう風に「相手がよくやっている」と思うことは精神的な安定を生みますし、何より「自分に打ち勝つ」ことにつながっています。

相手を敬う精神、というのは見ている人も熱くなる以上の効果があるな、と思います。
北海を見ていて気持ちいいですよ、私は。
そして、そういう精神は甲子園の結果だけでなく、将来にも大きくつながります。
北海ナインの皆が今後大きく活躍されることを祈っています(*‘∀‘)

この記事を書いたブロガー

sato
生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

グルメ

  1. 汁なし担々麺とご飯
    道産小麦を使ったラーメン、美味しいです(๑´ڡ`๑) こんばんは、satoです。 久々の…
  2. 自分こう見えて、食べるの好きです笑 ということで、グルメのカテゴリを作ってみました笑 (ちな…
  3. どがんしとんね☆長崎Yoです^^ 先日、長崎は北の方面、佐世保に行って参りました~☆ 久…

摂理について

  1. 時がくれば人はいつしか結婚し、子をなし、次の世代へ歴史をつないでいく。 今までの歴史がそうであ…
  2. おはようございます(*^▽^*) 大阪のmiyaです。 私は摂理歴20年超え。 長い時が…
  3. 何回かに分けて、摂理を紹介していきたいと思います! さて、皆さんは摂理にどんなイメージがありま…

スポーツ

  1. システムエンジニアの職業病ともいえる『腰痛』。 これは苦痛です。これが出てくると仕事を早退しな…
  2. 昨日の就活イベントの後に慶応大学野球部の1年生の子に会ってきました。 この子は我が高校の後輩。…
  3. 今日はサッカー編ということで、サッカーに絞って考えてみたいと思います! 最初に質問です(^^)…

Authors

koya
koya (306)

理系現役大学生です。
田舎から上京して摂理に会いました。
野球を中心に様々なスポーツが大好きです。
健康管理には少しうるさめですw

miya
miya (182)

高知の田舎から京都に就職!人生について考えている時、会社の同僚を通して摂理を知りました。先生から御言葉を学び、一歩ずつ成長し、今は起業するようになりました。何事も御言葉通りやればできる!の精神で頑張っています。
世のため、人のため、神様のために使われる人生!もっと自分を磨いていきます!

prov人生
prov人生 (67)

おおさかで摂理に出会い。
結婚の祝福を受けて、信仰生活をしている30代の男性ですす。
鄭明析牧師が伝えてくださった御言葉をとおして、私が感じたことを紹介しています。

sato
sato (1223)

生まれも育ちも北海道という生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す学生です(・∀・)もう人生の1/4は生きたかな…
趣味は御言葉で物語を書くことと、祈ること。そして、数学(笑)
散策して、美味しいご飯やさんへ行くのも大好き(≧∇≦)/

moji
moji (3)

元気な男児3人を育てるパパです。

SHO
SHO (48)

福岡(大学生)→岡山(社会人)
と摂理を走ってきた20代男子です!
最近はまっていることは、出来事を振り返ること。
ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )

うっちー
うっちー (9)

フレッシュ社会人の時代に、当時ISDN回線が最先端だったインターネットを通じて摂理に出会い、導かれるまま、今は千年の都、京都に住みながら、日本全国を飛び回る出張族。出張先で福音のために祈ります。

ページ上部へ戻る