落ち込みそうな時ほど感謝と笑顔


 

何かやりたいと願い、挑戦する。しかしうまくいかないときもある。

そんなときどういう気持ちでいるべきか。

落ち込んでいてはいけません。


人生の成功と失敗を左右するものは、考えが早く立ち上がるかどうかだ。

鄭明析先生の御言葉


 

では早く立ち上がるためにどうすべきか。


生活の中で 感謝し笑う、その段階までのぼろう。理解できないと言って あなたの思いどおりにできないと言って 顔をしかめ、感情をあらわにし 口をつぐんで黙っていないで 24時間あなたと同行する御子を意識することだ。あなたの顔を笑顔にしてみなさい。あなたが置かれた限界の問題から抜け出すだろうし 心も考えも転換するだろう。

鄭明析先生の御言葉


思い通りにいかない時こそ感謝と笑顔。

自分はサッカーをするときに実践してみました(*`・ω・)ゞ

 

ミスをしたとき、普通なら恐縮して、プレーがはっきりしません。

そのまま続けても、メンタルが落ちていき、もっと悪いミスをするようになります。

 

しかし、感謝と笑顔を実践したら、大きく違いました。

大胆になり、自信がわいて、生き生きとプレーをすることができました。限界を抜け出し心と考えが完全に転換しました。

 

また、果敢に取り組む姿勢があったからこそ、チームの雰囲気も良くなり、指示の声、励まし声、感謝の声が最初から最後まで飛び交うようになり、すごく楽しかったです。周りの応援もいっそう盛り上がりました!!

ピッチの外も中も一体となって、楽しむ最高の時間をつくれました。感謝です~( >ω<)ノ SHO

 

ABOUTこの記事をかいた人

福岡(大学生)→岡山(社会人) と摂理を走ってきた20代男子です! 最近はまっていることは、出来事を振り返ること。 ブログでアウトプット出来たらと思ってます(•̀ω•́ )