BLOG

≪詩≫甘い香りを放つのは。

茶色に色づいたハート形の落ち葉が、
小道を愛らしく飾っている。

目を上げれば、落ち葉の主人は桂。

夏に茂っていた葉は落ちて、
ほとんど枝だけになっていた。

これから寒い季節に向かうのに
秋風は 桂の衣を綺麗に脱がせて 去っていったんだな。

桂の落ち葉は、甘い香りを持っている。

人に踏みつけられて、傷つけられると、
その甘い香りは一層強く放たれる。

この桂の木のように、
踏みつけられ、傷つけられる程に、
甘い香りを放つ人がいる。

あなたは誰だろうか。

落ち葉の頃、桂の小道を通るとき、
甘い香りの記憶が、
その人の事を思い出させてくれる。

 

作詞:ここ

社会人になって聖書を学び、信仰を持つようになりました。
信仰もちながら生きる生活をもっと楽しくするために、日々挑戦中。

関連記事一覧