BLOG

「もろびとこぞりて」の歌詞が深かった件。

 

メリークリスマス!!

クリスマス当日ですね!

キリストであるイエス様の誕生日をお祝いする日です!おめでとうございました~!!

クリスマスも残り数分です(笑)

 

 

 

で。

クリスマスってよく賛美歌歌ったりするじゃないですか。

「もろびとこぞりて」って曲あるじゃないですか。

 

日本語と英語直訳でかなり意味が違うんですよ。

もう英語歌詞見た途端に「え!?これこんな曲やったん!?」と三度見ぐらいしました。

日本人ってこんなに歌詞変えないと受け入れられなかったのか…!と思うぐらいです。

なのでご紹介します。

ぜひ少しでも歌詞の意味をわかって歌ってもらえたら嬉しいです!

 

 

日本語歌詞

英語歌詞

英語歌詞和訳

の順番です。

 

 

 

 

1.諸人(もろびと)こぞりて むかえまつれ

久しく待ちにし 主(しゅ)は来(き)ませり

主は来ませり 主は 主は来ませり

 

Joy to the world, the Lord is come! 

Let earth receive her King; 

Let every heart prepare Him room, 

And heaven and nature sing, 

And heaven and nature sing, 

And heaven, and heaven, and nature sing. 

 

世界に喜びを 主はきませり

主を迎え入れよ

みな心に神を抱くのだ

天も地も歌え

 

…すでに違う。

「世界に喜びを」から歌い始めるとかかっこよすぎん?

日本語訳は英語歌詞の2行目で終わっています。

『みな心に神を抱くのだ 天も地も歌え』がごっそり抜けています。

当時の日本からすれば「心に神(唯一神)を抱くっていう感覚が受け入れられんかったんかなあ🤔と思いました。

 

 

 

2.悪魔の獄舎(ひとや。人屋)を 打ち砕きて

捕虜(とりこ)をはなつと 主は来ませり

主は来ませり 主は 主は来ませり

 

Joy to the earth, the Savior reigns!

Let men their songs employ;

While fields and floods, rocks, hills and plains

Repeat the sounding joy,

Repeat the sounding joy,

Repeat, repeat, the sounding joy.

 

世界に喜びを 我らを統べる救世主

歌声を響かせよ

野や丘に 岩山や河川に

響き渡る喜びよ とこしえに

 

まず日本語歌詞の単語からわからないというね。

これ漢字だからなんとなくイメージできるけど、楽譜だとひらがなになるからね。

「悪魔のひとや…一矢?矢を打ち砕くの?」

「とりこを放つ…とりこ…虜?」

とかなってたからね!!

 

 

 

3.しぼめる心の 花を咲かせ

恵みの露(つゆ)置く 主は来ませり

主は来ませり 主は 主は来ませり

 

No more let sins and sorrows grow,

Nor thorns infest the ground;

He comes to make His blessings flow

Far as the curse is found,

Far as the curse is found,

Far as, far as, the curse is found.

 

増やすまじ 罪と悲しみ

苦痛の種も蔓延らせまい

祝福を与えんと主はきませり

災いの種のある限り

 

…これは果たして同じ3番と思っていいのか。

それぐらい歌詞の深みが違いますね。

というか日本語歌詞オブラートすぎん…?

間違えているんじゃないかと焦るぐらい。

間違っていたらそっと直っているはず。

 

 

 

4.平和の君なる 御子をむかえ

救いの主(ぬし)とぞ ほめたたえよ

ほめたたえよ ほめ ほめたたえよ

 

He rules the world with truth and grace,

And makes the nations prove

The glories of His righteousness,

And wonders of His love,

And wonders of His love,

And wonders, wonders, of His love.

 

主は真理と慈悲で世を統べ

人々に確かめさせる

神の栄光と正義を

主の愛の奇跡を

 

英語歌詞が前提としてある上で日本語歌詞があるって印象を受けますね。

主は真理と慈悲で世を統べる存在だから迎えて誉めたたえよう!というね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

私はこの歌詞を改めて知って歌い方が変わりました!

 

もうあと50分もしないうちにクリスマス終わっちゃいますが、ぜひみなさんも最後までクリスマスを楽しんでくださいね!

そしてもろびとこぞりてを歌うときには「歌詞に深い意味がある」ってことを思い出して歌ってみてくださいね!

それでは、おやすみなさい~!

関連記事一覧