BLOG

教会の指導者たちは楽しそうです

どーも、Luckです!

毎週土曜日、明け方の礼拝後には教会の指導者たちのミーティングがあります。

私は指導者ではないので参加したことはありませんが、

ミーティングしている隣の部屋で過ごしていると、よく声が聞こえてきます。

 

ミーティングの内容の声とかではなくて、笑い声が絶えず聞こえてくるのです。

どれだけ楽しい話をしているのか気になりました。

以前の副牧会者が言っていたことですが、ここの教会の指導者会議は楽しそうです。

前の教会ではあまり笑い声が飛び交うような雰囲気はなかったようで、ここの教会の特徴の一つだと言っていたことを思い出しました。

 

摂理は教会によって、よく色が出るということですね。

指導者たちがこのように楽しそうにしていることって大事なことのように思います。

鄭明析総裁は教会は楽しくなければならないとおっしゃいました。

教会を楽しくするためには導く側の指導者たちがまず楽しい信仰生活をしていかなければなりませんよね。

 

実際、栄光行事とか教会行事があったりすると、指導者たちを中心に楽しく恵み深く導いてくださいます。

今振り替えれば、私が摂理に導かれた時、この教会に魅力を感じた点は「楽しかった」ことでした。

御言葉だけ聞いていたら、摂理に導かれていなかったと思います。

 

いつも先生がおっしゃるのが、「真理と恵みだ」という言葉。

真理である御言葉が脳に刻まれ、生になれば恵みに満たされるわけですから、真理と恵みは表裏一体ですね。

恵みに満たされた人は雰囲気も楽しく恵み深くしようとします。

御言葉が思想になっている人の周りはいつも楽しくなるというのは必然のようなことだと思います。

 

いつも楽しく恵み深く導いてくださる指導者方に感謝です。

この教会を通して、摂理に導かれたことも神様へ感謝を捧げます。

 

この記事を書いたブロガー

Luck
マスコミ勤務のB型系SEです!
摂理に出会い、人生の本当の味を見つけました。
真理を学び続けて自分づくりに励む毎日☆彡
楽しい社会人摂理ライフを描写していきます(^^♪

関連記事一覧