satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

問題を解決する近道

問題を解決する近道

こんばんわ!Seiyaです(`・ω・´)

仕事柄、教会でもPCや機械を弄る機会がたくさんあります。

今の時代PCは1人に1台なくてはならないものですが、教会にもなくてはならないものです。

教会では、
御言葉を聞くときの資料を出したり、
賛美をするときの歌詞を出したり、
御言葉を録画したり、

その他諸々に利用します。

あとは、音響系。
マイクやピアノ、スピーカー、ミキサーは必須ですね!

そうなると、教会でも担当の人が必要になってきます。
その人たちのことを「使命者」と呼んでいます。

僕は、仕事柄と言うのもありますが、好きでやってます。
いや、神様の前に好きでやってますとか失礼ですねw

もちろん好きですが、自分の個性にあっているなと自分でも思います。

 

さてさて、そんな機械達。
最近啓示かのように、相次いでトラブルが起きています。

ここ3ヶ月の間に、
モニターが2つ画面が故障。
モニターの分配器が故障。
ノートPCが劣化とウイルス?により処理速度低下。
マウスの故障。

他にもちょっとしたトラブルが起きています。

普通故障なら「まじか〜」となるのですが、
ウチラの場合は、それよりも「良かった〜」という考えの方が強いです笑

そりゃ、機械はいつかは壊れるもの。だからそれは仕方ないことなのです。

僕の教会の機械たちは、6年ほど使いました。
しかも、ほぼ毎日スイッチを入れます。そりゃ壊れるわけですよ笑

というより、普通トラブルが発生してすぐに、故障と判断はできませんよね??
本当にトラブルなのか?原因を探らなければいけません。
それで神経をつかうのもあり、仮に故障だとしても、原因がわかれば一安心という感じなのです。

 

そんなわけで、早く原因が知りたいのです。

それで、よく使うやり方としてオススメなのが、裂くことです。

プログラマーの方ならイメージが付きやすいと思いますが、
まずは、データがどこから入力(INPUT)されて、ちゃんと出力(OUTPUT)されているのか。もっと言えば、出力されるべき値が出力されているのかをみます。
それで、出力されていなければ、どこかで滞っているということになります。
それが、どこなのか?細かく裂いて裂いて考えて原因を厳選していきます。
超地道なのですが、これが確実な方法です。
時には、カンも必要ですが、リスクが大きいので、極力使わないようにしていますw

この方法は、何でも流用できます。

摂理で言えば、問題が霊の問題なのか?肉の問題なのか?
仕事で言えば、問題が自分にあるのに、相手に問題があると決めつけてしまう。
などなど。

裂いて考えれば、はっきり細かくわかります。
だから、その部分だけ解決すれば、すべてが解決されるという場合が多いです。
また次の問題に引っかかることもありますが…それは別の話ですね。

 

是非活用してみて下さい(・∀・)

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

摂理についてカテゴリの最新記事