BLOG

愛に満ちた礼拝の時間。

こんばんは、satoです。

今日は主日礼拝。
摂理に来てから、何度も過ごした主日。教会で捧げる礼拝。
しかし、同じように流れる礼拝でも、実際に同じだったことは一度もありませんでした。

実際、礼拝で捧げる賛美が違いますし、伝えられる御言葉もいつも異なります。
同じように聞こえる御言葉でも、違う視点から詳細に伝えられたり、もっと深い秘密が伝えられたり…私達の心を開きさえすれば、全く異なる悟りを下さり、感動を下さり、認識観を新たにさせてくださいます。

一方で、自分の心の状態と準備によっても礼拝の感覚は異なります。
私の心に引っかかっていることが残っているとそれが気になって御言葉が入らなかったり、準備がうまくできていないと御言葉に対してうまく反応できないことがあります。
逆に礼拝に対して心がしっかり整っていると、深く愛を受け、力を受け、恵みを受け、答えを受ける最高の時間となります。

今日はそれを一層実感する日でした。

私は教会の中で礼拝を円滑に進めるための使命をしています。
システム関連、たとえば賛美のパワーポイントを出したりする仕事です。
ところが、ここ最近この使命で結構ミスをしてしまうことが続いていました。
原因を分析すると、もう少し早く来ることができれば防げる問題だったのですが、それが出来なかったんです。
それをさらに分析すると、精神的に、あるいは愛の部分で引っかかっているところがあったのです。

先週末はその部分を突き詰めた結果気づいた「幼少期の愛着の問題」を解くために、一層主を呼びながら密接に対話をすることを意識しました。
また、先週の御言葉を受けて「自分の個性」というのを考えていたのですが、最終的に至った結論は

私の個性は「主に近づく」純粋さだ

ということでした。数学やディアボロなど、人には出来ないことが出来る私ですが、やっぱりこれが一番生きるのは「主に愛で近づく」時だなと気づきました。
それで、もっと祈りました。
「私はいろいろな人の中で祈る人だ」という意識で。

あと、礼拝前の準備もしっかりしました。もっと礼拝を円滑に進めるための新しい試みに取り組み、事前にシステムを作り上げてました。パワポの機能を最大限活かせる方法で…。
主日礼拝前にもいつもより時間に余裕を持って(慌てて(´・ω・`))行きましたが、おかげで準備がよく出来ました。

そうしたら、今日の礼拝はいつもよりたくさん愛を感じる時間となりました。
より神様と近づき、神様と愛し合う感覚。
しっかり準備を整え、すべてを捧げる感覚。
いつもより礼拝が楽しかったのです。

礼拝中伝えられた御言葉にも出ていたのですが

準備したとおりに満足だ

と、神様も喜ばれたようでした。礼拝も滞ることなく無事に進められました(^o^)
本当に感謝です(/・ω・)/

幼少期の愛着の問題を解くのはまだ始まったばかり。
まだまだ不安定なところもありますが、もっと主と愛で寄り添うことで乗り越えて行きたいです。
そして、今日の礼拝のような「愛に満ちた礼拝」を続けて次元をあげて捧げていきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

関連記事一覧