satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

今日は「旧正月」。摂理の教会では…。

今日は「旧正月」。摂理の教会では…。

こんばんは、satoです。

今日は2月最初の日曜日。今日も礼拝を捧げに教会に行きました。
そうしたら、とっても素敵なプレゼントをいただきました~!

ミスドのドーナッツ-摂理☆祝福の方程式
なんと、ミスドのドーナッツ!写真ブレブレで申し訳ありません(^_^;)

実は今日、アジアの一部の国、韓国や中国では旧正月の節句がありました。
家族で過ごすために、みんなが故郷に帰る、そんな日です。日本は三ヶ日に帰省しますが、それ以上の規模でみんな帰ります。

日本には旧正月の文化はありませんが…。
教会でも「みんなにプレゼントを!」というわけで、神様がくださいました!私ドーナッツ大好きなので、とっても嬉しいです(´∀`∩)神様、感謝します!

鄭明析先生は、実家に帰る人にも、実家に帰れない人にも、親がいなくて帰るところがない人にも、みんなに良くしてあげようとなさいます。毎年実家に帰っても事故がないよう祈ってくださり、また実家に帰れない人は、自分の故郷と思って月明洞に来るようにと話して下さいます。

そのように神様がみんなを愛しているんですよね。
神様は誰一人として心に留めないことはなく、いつも良くしてあげたいと思っている、ということを鄭明析先生は自らの行いで示して下さいます。だから、私たちは神様の愛を知ることができるのです。

日本でも大学生はそろそろ春休みに入り、実家に帰る方もいらっしゃるかもしれません。
皆さんが無事に帰られ、家族と平和が成されることをお祈りします。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

摂理についてカテゴリの最新記事