BLOG

摂理の中心人物論 鄭明析牧師の愛と祈り

正月休み明け2日目!
そろそろ正月気分を抜けて、平日に戻られているのではないでしょうか(*^.^*)
摂理の農業人が住む広島県では朝から雨が降っています。
出勤中のサラリーマンの方々の足取りも重い気がします(;´д`)
しかし、摂理の農業人は今日も元気ですよ~!
『忘れたら死ぬ』とおっしゃった主の特別啓示を脳に刻んで、頑張ります!
いつも主と共に♪
しかし、昨夜摂理の農業人宅ではプチ事件がありました(-_-;)
21:30過ぎでしょうか…
いつより夜更かしでテンションの高い子供達を寝かしつけました。
なかなか寝ない娘がいましたが、息子は早く寝つきました♪
しかし、夜中12時頃息子が突然の夜泣きです!
それは1時間を超える夜泣きです(;´д`)
お茶を飲ませたり、だっこをしたり…
何をしても効果無しです(;>_<;)
何とか寝かしつけようとしましたが、暴れて農業人は蹴られ続けました(;^_^A
夜中の眠気とあまりに泣き続ける息子…
そして、熟睡中の奥様…
農業人は血気の罪を犯してはならないと必死に自分をおさめるように祈りました。
「この状況をどうしたら良いか?自分なりに解決しようとしていないか?」
摂理の農業人は主に祈りました!
自分の考えを空にして、主が息子の夜泣きをおさめて下さる様に祈りました。
そしたら、何をしても効果が無かった息子が徐々に泣き止み、スッと寝てくれたのです(*^O^*)
本当に感謝しました!
鄭明析牧師は霊的にとりつかれた人や精神的に病人まで祈り、愛されたのに、どうして僕は自分の息子ですら祈り、愛してあげれなかったのか…
夜中の意識が朦朧とする中で、悔い改めました(;>_<;)
善人、悪人、義人、罪人…
全ての人の為に祈り、愛する事がどれほどの事なのか…
改めて、摂理の中心人物である鄭明析牧師の祈りと愛を感じた夜でした!
それから数時間後の明け方頃にも息子は再度夜泣きをしましたが、農業人が対応していると、奥様が起きてきて、変わってくれました。
農業人が出勤する時には家族皆寝たままでした(;^_^A
摂理の農業人は寝不足と変な体勢で寝た痛みに打ち勝ち、鄭明析牧師の精神で今日も頑張ります(^-^)/

関連記事一覧