satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

神様の思いに近づきたい。

神様の思いに近づきたい。

おはようございます、satoです。

今週は色々あって「御言葉研究」強化期間にしています。先週物語を書きながら、改めて「御言葉の研究が必要だ」と痛感したことがきっかけです。そうしたら、ちょうど今週の御言葉でも「自ら行うためにはまず自ら分かること」と言われていたり、別の御言葉でも「神様の想いを理解することが核だ」と話され、天の時でもあったのだと理解しました。

先程も書いたように、御言葉の核は「神様の想い」です。数学も様々な数式から「その奥にある思考の流れ、あるいは情緒」を読み取ることが重要だと感じているのですが、それと同じように御言葉も「神様の想い」を掴むことが重要、と御言葉で話されていました。

そういうわけで、しばらく御言葉を聞いていたのですが、そのように祈ったところ少しずつ視野が広がるのを感じました。自分中心から周りの世界、そして、神様の想いへ。

ドキッとするような御言葉を聞いたりして、衝撃的に悟って祈って、悔い改めもしました。

神様が地球創成以来、多くの涙を流されました。アダムとエバの堕落に始まり、神様が最高のものを与えようとしても、責任分担を果たせなくて成されなかった歴史。そのことを思うと、今足りない私でも神様のことを慰めて差し上げたいと痛切に思いました。

もっと神様の想いをわかって近づく生を生きたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事