satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

水曜日の御言葉「<種>で「黄金の平野」を作る」

水曜日の御言葉「<種>で「黄金の平野」を作る」

2015年11月11日主日の御言葉
主題「<種>で「黄金の平野」を作る」

霊的に見たら、「肉」が<種>です。<肉>が「種」になって、<自分の霊の救いと引き上げ>のために犠牲になれば、<霊の芽>が新しく伸びて、数千、数万倍を刈り取るようになります。<種>を蒔いて<穀物>で刈り取るように、<肉の種>で蒔いて<霊の穀物>で刈り取ります。つまり<肉>で蒔いて<霊>で刈り取ります。つまり<肉>で植えて<霊>で生き返ります。

みんな<肉体の種>をもって「霊」のために蒔き、植えて、<引き上げ>で数百倍、数千倍、数万倍栄えるようにすることを祝福します!

<種>は地に蒔いて犠牲になりますが、その「種」によって数千、数万、数十万倍を刈り取るようになります。これが「種の栄光」です。

<種>は「農作をした全体の穀物の数」より少ないですが、その「種」によって<後世と未来の新しい歴史>を作ります。これが「種の価値」です。

自分の人生を「種」にして「霊」のために「命」のために植えてこそ、<種の人生>になります。

神様はみんなを「同じ種」にすることはなさいません。分野別、センターごとに選んで、「個性の種」になさいます。愛の種、使命の種、経済の種、伝道の種など数百種類があります。みんな<種の価値>を分かって、「自分は何の種」なのか分かって、各自個性どおりに「種の使命」を果たすことを祝福します。

<種>はしっかり管理をしてから「肥沃な土地」に蒔かなければなりません。これと同じく、<種>になって「種の使命」を果たすためには、神様が願っていらっしゃるところ、神様の新しい歴史に蒔かなければなりません!

<種>はただ感謝、ただ愛です。だから神様はいつも喜び、感謝し、笑い、全ての人たちのお手本になり、すてきで輝かしく、栄光を帰して聖三位を愛する人たちを<種>にして大切にし、彼らを蒔いて、植えて「黄金の平野」にお作りになります。

自分を「よい種」に作ることを願います! みんな「よい種」になって蒔かれることを祝福します。

 

鄭明析牧師による主日の御言葉からⓒ

種は初めは1粒ですが、数千、数万の実を実らせることができます。

だから種が尊いです。

キリスト教は、2000年前イエス様1人から始まりました。

初めは微弱でしたが、今はどうでしょうか?

全世界にキリスト教が広まりました。

つまり、イエス様が種です。

 

 

でも、この時代は、自分を種に作ることができます!

<種>はただ感謝、ただ愛です。だから神様はいつも喜び、感謝し、笑い、全ての人たちのお手本になり、すてきで輝かしく、栄光を帰して聖三位を愛する人たちを<種>にして大切にし、彼らを蒔いて、植えて「黄金の平野」にお作りになります。

アーメン!

 

毎日、感謝し、愛し、喜び、笑って生きます☆

 

 

さて、「黄金の平野」

自分は、”平野”と聞き取れなくて、平安?平和?といろいろ考えてしまいました(笑)

日本ではあまり言わないですね。

自分は実家がど田舎だったので、毎年秋になると黄金色の稲穂を見たものです。
圧倒されますね☆

 

米1粒がこれほどになると思うと、希望的です☆

全ては1人から。

 

自分もその1人になれるように頑張ります!

 

 

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

聖書&御言葉カテゴリの最新記事