satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

生活のことについて祈ってみました。

生活のことについて祈ってみました。

こんばんは、satoです。

ここ最近、信仰の波が激しくなっていた私。

そんな私に、教会の牧師さんは「祈りの姿勢を変えたらいい」とアドバイスをくださいました。

というわけで、もっと生活のことについて祈りました。

より具体的に、生活の中ですべきこととそこで困っていることについて細かく祈りました。

たとえば、私は特性もあって一つのことになかなか集中できません。特に論文を書く際、ちょっとしたことでつまずくとすぐに別のことをしてしまったり、スマホをいじっていました。それでほぼ進まないこともありました。

そういうわけで、論文を書く際にちょっと進まなくても集中が切れないように、ちょっとでも気が逸れたらすぐに気づかせてください…などのことを祈りました。

そして、一日の生活をこのようにします…と言って祈りました。

そうしたら、午前中は…かなりうまく行きませんでした(´・ω・`)

というのも、祈りから漏れていたところでうまく行かないところがあったのです。

それで、調子を崩していたのですが、午後の祈りでどうしたらいいのかを尋ねながら論文作成に取り掛かろうとしました。

そしたら…驚くほどスムーズに作業に取り掛かれました。

いつもなら、パソコンまでの起動中にスマホを見てしまうことがほとんどで、特に移動前にスマホを見ているとそれが持続してしまうのですが、今回の場合は移動前にスマホを見ていたにもかかわらず作業開始前には意識が論文作成に向かうようになりました。

それからしばらくは論文作成に没頭できました。

分からないところがあったらすぐに調べるのですが、調べた情報が見つかるスピードが速かったり、ちょっと気になるところがあって考えたらすぐにアイデアが浮かんだり…迷う時間が少なかったのです。

さらに、今まで集中力がなかったために読み解けなかった論文も内容が理解できるようになりました。それによって、現在の論文に必要そうな内容も見えてきて、やることが少しずつ見えてきました。
結果として作業もはかどり、進展の見える時間となりました\(^o^)/

また、調子が上がらないときも主を意識しながらどうして私は御言葉を実践してるけどうまくいかないのか尋ねるようになりました。
そうしたら、根本的にずれていたところが分かり、それ以降は神様と通じる感覚も戻ってきました。

祈った結果として霊的にも肉的にも問題が解けたということが起きました!ハレルヤ\(^o^)/

私の特性も祈りによって治めることができる、という体験ができました。これからも生活を祈りで勝利していきたいです!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事