satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

私の「消却」すべき悪い癖を整理してみた。

私の「消却」すべき悪い癖を整理してみた。

こんばんは、satoです。

今週の御言葉に「整理と消却」という言葉が出て、次のような話がされていました。

自分が「悔い改めよう」と決心したのは「整理」した段階だ。

そのままだと生活の中で再び飛び出すようになる。

生活の中で行って完全に治してなくしてしまうことが「消却」だ。消却してこそ全く出ない。

たとえば、洗い物も台所に置かずにしているのは「放置」段階です。

台所に置いたらひとまず部屋は綺麗になりますが、そのままだと台所に洗い物が残っています。これが「整理」の段階です。

台所に行って洗い物をして片付けてしまうまでしてこそ、洗い物が完全に「消却」されます。

私の悪いところもこれと同じです。

自分が悪いところを認識して、これを治さなきゃと思うのは「整理した」段階です。この状態だとまだ自分が生活している中で出てきて、そして落胆します。

完全に治してしまってこそ、悪いところが「消却」されます。

というわけで。

今日は私の治すべき「悪いところ」を整理してみたいと思います。

1.御言葉をちゃんと理解できていないところ

いきなり、根本的な話になりますがそもそも御言葉を理解できていない状態だと何が正しいのか自分で判断できないよな、と思います。

実際、自分がうまくできていても御言葉を聞くと本当に正しいのかな、と不安になることもあります。

そもそも御言葉を聞いてすぐに神様の伝えたいとおりに理解できているかはわかりません。だから、そういうところをスルーしないで続けて読んで研究します。

2.マイナス思考、否定的な認識

1.とも関連しますが、上手くいっているときでもそうでないときでも、どこか自信が持てないところがあります。それは「否定的な思考」、特に「本当に自分にできるんだろうか…」という考えが強いからです。

ひとまずやってみるとできることが多いし、実際御言葉で変化できているのでその自分に対して自信を持ち、果敢に挑戦していきましょう。また、良くないところは素直に認めつつ直そうと考え、できているところはしっかり認め、神様と一緒に喜びましょう。

3.常に神様と共にできていない

御言葉を聞いて変化した自分を見て、神様と一緒に喜ばず「自分はこう変化した」とだけ考えると高慢な考えが出ます。そしていつも落胆します。

また、一人で考えると悪い方向に固まってしまいます。

いついかなるときも、神様を呼んで神様と確認しながら生きましょう。

大きそうなところ3つを挙げてみました。

この他、掃除の習慣を身に付け常に身の回りを整理する、運動する習慣を身に付ける、朝型体質にする、過度に人のことを意識しない、聖書を読む…など、多くのことをしっかり治していこうと思います。

今の「霊と肉を両方得る」生を生きることで、このことも治していけると信じて、続けて希望で行っていきます^^

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事