satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の決心とその上に働かれる神様。

摂理人の決心とその上に働かれる神様。

こんばんは、satoです。

今日は「決心したとおりに働く神様」についての話をします。

私は今日、色々な予定が入っていました。客観的に見たらパンク寸前でした(^_^;)
特に研究の方でずっとぶつかっていた問題がありましたが、それが全くと言っていいほど進みませんでした。
それでも、霊的なこともちゃんとしたいから、運動もして、伝道にも行こうと決心し、教会の人と「伝道に行く時間を確保する」という約束をしました。

そうして、運動をしたあと、自分の机に向かうまでの間ずっとどうやって証明できるのかを考えていたのですが、全く浮かびませんでした。
それで、いくつか例を計算していた紙を見ながら、ふと以前ゼミで証明に失敗した予想について「この部分を使えばうまくいくかも…」という霊感が来ました。
それは最初にこの問題を解く時に着目した部分でもありましたが、その後ここはうまく行かなさそう…と考え別の方法で証明をしようとしていました。
その後、たくさん計算する中で幾つかの法則を理解した上で見ると、改めて「この部分が鍵になりそうだ」とわかりました。それで早速その霊感通りに計算しました。そうしたら…

2週間前に解けなかった定理のとてもシンプルで、本質的な部分のみを使った綺麗な「証明」が。

半分は指導教官が示していた事実を使いました。これを知らなかったらこの定理は証明できませんでした。
そのことも含めて、神様が私の「数学研究もしつつ、伝道という霊的なことにも時間を投資する」という決心の上に働きかけてくださったのだと分かりました。
本当に神様に感謝しました。そして、その後約束通り伝道に出かけました。

…ここまでブログに書いている途中でふと気づいたのですが、先程「証明できた」と思っていたもの…よくよく見ると「勘違いしていた部分」がありました(´・ω・`)(だから「証明」とカッコ書きにしたんです)
まぁ、こういうことは数学ではよくあることです。証明できたと思ったら見落としがある、ということは日常茶飯事。
やはり「確認」が大事ですね。

それはともかくとして、やはり「自分がやろう!」と決心した時に神様は確実に働かれます。
もし辛くなっても「やろう!」と決心した人は最後まで止めないからです。
私はどちらかと言えば、辛くなって逃げてしまうことが多かったです。むしろ、決定した後後悔するのが嫌だったので、自分で物事を決めるのは避けていました。

しかし、私は今回「あること」について決心をしました。
これまでは状況に合わせて行なっていましたが、「私が主と決めた約束」と「自分が成したいこと」のために「自分の意志を示し、その責を負う」ことに決めました。
正直遅いと言われれば遅いのですが…ここまで決心するのに時間がかかってしまったのはもう仕方ありません。
自分の足りなさを認め、最後に「自分の意志を貫き通す」ことにします。少なくとも、御言葉には反しないし、神様の御心としてはほぼ間違いなくこの選択が正しいでしょう。それはある意味で「自分がすべきこと」なのですから。

この詳細は明日の記事で…語りたいと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事