satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人、もがいております。

摂理人、もがいております。

こんばんは、satoです。

現在、私はもがいております。
何がって…今週の御言葉を聞いてみましょう。

自分が好きであれば、心が熱くなります。熱ければ、心も考えも行ないも、もっと「輝き」を発し、生も人生も信仰も、もっと「味」があり、考えも行ないも霊も、もっと美しく雄大で神秘的になります。
-[鄭明析牧師による主日の御言葉から] 自分が好きであれば、もっとよいものに見えて、もっと愛するようになるより

というわけで、私は今、神様や御言葉を好きな次元を「もう一次元」上げようともがいています。

どうやったら御言葉をもっと好きになれるのか?
どうやったら、もっと信仰生活を好きになれるのか?

一つのポイントは学んで、分かること
御言葉を読みながら、「聖三位を好きで愛するために、御言葉が伝えられている」という話がありました。だから、御言葉を読みながら、理解しようともがいています。
正直、もがいてばかりです(´・ω・`)

ふと、摂理の自然聖殿、月明洞にある岩の造形「野心作」を作っているときの過程を思い出しました。

岩は崩れても、私の心は崩れない-摂理の自然聖殿~月明洞ガイド~

今までうまくできている、と思っていた信仰を一つ一つ崩しながら、再び御言葉を読み返しながら再構築している感じです。
その目的は何でしょうか?

月明洞の野心作も「天の構想」という理想に作られるために、神様が崩しました。

これと同じく、私の信仰生活も、今まで得たと思っていた悟りも、もっと「天の願う姿、真の新婦」に近づくために神様が崩している、と感じます。

このもがきが、最後には本当の新婦に到達できると信じて、続けて頑張ります。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事