satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人satoによる「個人がよくできることの箴言」200個への道。その1

摂理人satoによる「個人がよくできることの箴言」200個への道。その1

おはようございます、satoです。
今日も箴言書きます…え?「昨日の時点で100個達成したよね?」
そうです、昨日のブログで「箴言100個」無事達成できました!ハレルヤ!書いてて、先生が続けて教えてくださるのを感じます。
しかし!今週はまだ終わっていない!さらに、昨日の御言葉で「皆「個人に火をつける祈る」の期間に箴言を必ず書きなさい」とおっしゃいました。つまり…7/20までは「箴言を書く」期間!せっかくだから「箴言200」個まで書いてみよう!
ということで「箴言200個」への道が始まったのです。
あと、この宿題の核心は「自分が「個人がよくできること」について悟ったことを書くことを通して、自分に火をつける」なので、火がついて消えなくなるまでひたすら自分の悟りを箴言に書いていこうかな、と思いました。
そんなわけで、昨日の続き…ではなく、再び「1番から」スタートします!
1.自分に自信がないのは「自分が一人の時によくできない」からだ。
2.自分が「一人でよくできない」と、一人の時に心配し、恐れ、何をしたらいいか分からず、心が苦しく、泣きたくなる。
3.自分が「一人で出来ない」と、世の中と人に流される。自分に核がなく、世の中と人の言葉を聞くからだ。
4.自分が「一人で出来る」ならば、海をすいすい泳ぐように、世の中と人を治める。
5.「一人の時にもできる」ことには自信がある。だから、大胆になれるし、もっと嬉しく行なうようになる。
6.「一人で出来る」ことが真の自立だ。真に自立してこそ自分が生きる。
7.国も同じだ。「一人で出来る」ようにさせてこそ、発展途上国も先進国になる。
8.与えるだけの管理、閉じ込める管理、言うことを聞かせる管理はその人も国も腐らせる。自分一人で行えるように一つ一つ教えてあげなさい。
9.一人で行えるよう教えるには、まず自分が見せてあげて、それからやらせてあげなさい。そうして一人で行えるまで見守りなさい。
10.いちいち指示をしたり、指摘をして自ら考える機会を奪ってはならない。自ら考える機会を奪われると人の指示だけを。
11.自ら考える機会を奪われると、従う人は心から従わない。だから、放牧して自ら考え行うようにさせなさい。ただ、柵から離れて死ぬ危険があるときだけ諌めなさい。
12.自ら考え、自ら行わせなさい。そうして倒れたりつまずいたときに支えてあげなさい。見守ることは管理の核心だ。
13.自ら考えさせるようにうまく教えなさい。ただ一方的に話すだけだと相手も退屈するだけだ。
14.自ら行いたくなるように教えなさい。ただ指示をするだけでは相手は動かない。動いてもすぐにやめてしまう。
15.自ら愛したくなるように神様を伝えなさい。そうしてこそ、自分も相手も楽で、神様も喜ばれる。
16.神様は「自らさせる」ことの達人だ。知識と知恵を教えてあげ、自ら悟るようにし、もっとやりたくさせる。
17.聖霊様は「自らさせる」ことの達人だ。心を感動させ、喜ばせて、もっとやりたくさせる。
18.御子は「自らさせる」ことの達人だ。自分から愛してあげて、よくしてあげて、もっとやりたくさせる。
19.分体は「自らさせる」ことの達人だ。最初に自分が神様の御言葉を行い、その姿を見せて、もっとやりたくさせる。
20.ハングルも最初は日本語と違って見え、到底読めないもののように見える。しかし、読み方を学び、続けて暗記して、意味も教えて、自ら読みたくなるようになれば、暗号を解くようにスイスイ読めるようになる。そうして、もっと韓国語で賛美したくなる。
21.複雑な数式も最初は何が書いてあるのかさっぱりわからず、落胆して諦めたくなる。しかし、記号の意味を一つ一つ理解し、定義を覚え、例を作り、繰り返し考えることで、意味がわかるようになる。そうしてあるとき、「視界が見える」ように数式の意味を悟るようになる。このように、時代の御言葉もそうだ。
22.仕事も初めは覚えることが多く、人から言われることも多くて、疲れて大変だ。やりたくなくなる。しかし、メモを取り、やることを整理し、繰り返し作業するうちに一人でできるようになる。そうして、仕事を楽しく行うようになる。すべてのすべきこともこのようにそうだ。
23.すべてのことはただ眺めるだけでは退屈で、楽しさがなくなる。見るにしても自ら求めて、集中してみるとき、新しい発見があり、喜びがあり、悟りがある。
24.数式もただ眺めるだけでは頭が痛くなる。自分が手で書いて、考えてこそ理解もし、使えるようになる。このように、学ぶにしてもただ眺めるのではなく、自ら同じように行ってのみ会得する。
25.「真似る」ことは「自ら学ぶ」ことの第一歩だ。
26.自ら求めて集中して見たとき、動物からも悟りを得、自然を見ても啓示を受ける。
27.自ら行うことは「喜びと幸せ」の始まりだ。
今日はここまでにします。続きはまた明日…?

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事