satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の義の行い。~1/22明け方の箴言から~

摂理人の義の行い。~1/22明け方の箴言から~

本来これは昨日投稿する予定だったものですが、ミスってできてませんでした(^_^;)今日と書いてあるのは昨日の話です。

今日の礼拝後、たまたま会った兄弟姉妹の携帯探しを手伝った。おそらく雪道で落としたとのこと。
一応礼拝場所まで戻り、携帯がないか探してみた。が、見つからない。とりあえず夜も遅いので一旦帰り、また明日ということに。
今日は久々の吹雪で視界が悪く、明日には雪が積もっていそうだ。
帰り道にこの箴言を思い出し、こういう小さなことも天使は見逃さず義の記録書に書いている、ということを悟った。
どんなに小さなことでも、神様の御言葉通りにすればそれが義となる。
願わくはあの人の携帯が親切な人に拾われて警察に届けられることを祈る。そして、そのような携帯を見つけたら是非警察まで届けてくださると嬉しいです。そのような行いを神様は見逃さず、祝福してくださるでしょう…。
ちなみに今日のこの日記、何故か二回も送信ミスをし、記事を書くのが三回目である。やはり、先生のように行ってから御言葉を伝えなさい、というメッセージなのだろうか…。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事