satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

行くべき道、すべきこと。~1/7明け方の箴言から~

行くべき道、すべきこと。~1/7明け方の箴言から~


人生にはすべきことが山のようにあり、それに比べて時間はあまりにも短い。
100年、という時が長いように感じるけど実際あっという間だ。
自分が生きるためにご飯を食べないといけないし、寝なければいけないし、排泄しなければいけないし、仕事もしなければいけない。
そういう時間を考えると、人生はあっという間だ。
一日を考えてほしい。一日は24時間ある。だから、24時間あれば何でもできそうな気はする。しかし、実際には、朝7時に起き、ご飯を食べ外に出る準備をして8時くらいに外に出る。大体30分くらいに仕事場について、様々な仕事・授業に追われるうちにあっという間にお昼。ご飯を食べ少し休んだら午後の作業に入る。6時に全てが終わるとして、そこから家に帰って10時には就寝準備。11時に寝る。
こういう一日を過ごすと、自分が自由に使える時間は4時間しかない。
果たして4時間で自分のしたいことがすべてできるだろうか?
したいことは山のようにあるし、人生ですべきことも山のようだ。
しかし…すべきことをすれば天国だし、すべきことをしなければ地獄だ。社会で生きる中ですべきことを後回しにしたら、あとになってさらに苦しくなる。まして、永遠な霊のためにすべきことを後回しにしたならば…死んでから永遠に苦しみを受けることになる。
だから、私たちはすべきことだけをしなければならない。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事