satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

対話、疎通~1/4明け方の箴言から~

対話、疎通~1/4明け方の箴言から~


大体男女が別れるのは「互いに通じなくなる」ことがきっかけである。
どこか自分と合わない。話が噛み合わない。趣味が合わない。そういう些細なことがきっかけで、いつしか対話がなくなり、気がついたら「その人をずっと愛そう!」と思っていた心が冷めてしまう。
でも、そういう違いがあるのは当然だ。その人は「自分ではなく他人」なのだから。では、そういう違いが出たときにどうすれば別れなくて済むだろうか?その時に必要なのが「対話」だ。
これは自分が考えていることだけを話す「主張」とは異なる。相手の意見、心に耳を傾け、理解し互いの心情を共有する。これが対話だ。
対話が必要なのは何も男女間だけではない。会社での先輩後輩、教師と生徒、親と子供…全ての人間関係において必要である。
とはいえ、今の日本は様々なことで忙しく、自分のことで精一杯になってしまう。それゆえ相手のことに目を向けられなくなっている、とも感じる。
だから、このブログを見ている人が少しでも相手の心に耳を傾けられればそんな状況も変わるのではないか、と少し期待してこの文章を書いてみる。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事