satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

自分の主観

自分の主観


自分の主観が強い人は大抵どこに行ってもぶつかってしまう。人が指摘しても受け入れず、自分のやり方を固守する。あるいは、自分の感じた通りに不安になったり疑ったり…とにかく、社会生活をする中で一番邪魔になるものだ。
特に、昨今の「グローバル社会」で様々な国籍の人と出会う時には。
私自身非常に思い込みが激しい人間なので、ちゃんと確認するよう意識している。しかしそれでも間違う。
特に「感情が昂っている」状態だと本当にうまくできない。
社会に出る前に、早く感情を治められるようにしたい。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事