satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

クリスマスですね!

クリスマスですね!

こんばんは、satoです。
今日はクリスマス、2000年前に地上に来られたキリスト、イエス様の聖誕を祝う記念日ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
私はもちろん、教会に行って礼拝を捧げていました。世間でこれをリア充と呼ぶのかはわかりませんが、すごく充実した一日でした。
ネットでよく見るのは、「恋人と共に過ごす時間」としてクリスマスを過ごす人と、それを「リア充爆発しろ」とか言って揶揄する人ですね。
あとは友達とわいわい過ごしたりするとか。
ちなみにツイッターではイエス様のアカウントらしきものがカップルがいる人に対して色々言うツイートもあるようですが…。本当のところ、「この地に来られた御子」はどう思っていらっしゃるのでしょうか?
イエス様が地上に来られたのは、神様が愛している人間たちを「救いの道」に導くためでした。その間、地上には平和があり、イエス様を信じる人を通して「神様が栄光を受けて」いらっしゃいました。イエス様がいたから、今のように「恋愛ができたり、それを揶揄できる」くらいに平和になったんです。
そのことを思って、イエス様を遣わした神様に感謝する。
それが私にとってのクリスマスの意味です。例えそれが「本当のイエス様の誕生日でない」と言われていても、「元々発祥はケルトの祭りからだ(不正確)」と言われていても、それは関係ありません。
もちろんいつも神様に感謝なのですが、今日は一層このことを考えるようになりました。
どうか、平和の君が栄光を受けられますように。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事