satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

今日の御言葉

今日の御言葉

こんばんは、satoです。
皆さんは、一日を生きていて「私ってどうして生きているんだろう?」と思ったことはありますか?例えば、友達との飲み会の帰り、ふと「私って何をしているんだろう?」って思ったりとか。
それは自分の人生の目的を忘れている、知らないからなんです。
動物も普段はのんびり寝転がり、仲間と戯れ、じゃれあっていますが…いざ狩りの時には、喰う方は「獲物を捕らえん!」とその事に集中して、普段見せない俊敏さ、獰猛さを発揮します。一方の喰われる方も「喰われてたまるかっ!」とばかりにこれまた必死に、素早く、知恵を持って逃げていきます。まさに喰うか喰われるかの世界。
私たちもそうですよね?例えば、欲しいものがあれば、情報をくまなく検索し、それを見つけたなら素早く買いに行く。
オタクだった私は知りたい漫画の情報があれば、すぐさま立ち読みし、ウィキを読み、様々なネット情報を漁り、世界観と登場人物の性格をくまなく把握していました…(笑)
私たちはどうして生きているのでしょうか?
それは私たちを創り、養い育てた神様がよくご存じです。
もちろん私たちにもそれなりの目的があると思いますが、しかし、神様の考えは遥かに高い。私たちの目的は…神様の目的をなせるならば、すべて叶えられるんです。
それを知るためには、自分の心を空け、神様の言葉に耳を傾けなければいけません。といってもこれがなかなか難しいのですが…。
かくいう私も今日の御言葉を聞いた時点では、自分の人生の目的を悟れずにいました。いや、受け入れられなかった、といった方が正しかったでしょう。それは、自分の昔の経験、主観が強く残っていたからでした。
教会の兄弟のアドバイスを受けて、「自分の考えを捨てられるように」必死に祈ったときに…自分が御言葉を聞いて感じていた「目的」が間違っていた、ということに気づきました。
「目的」は最終地点。そう、天国に行くこと、神様と愛し合う生を生きることが私の人生の目的でした。それがいつの間にか、御言葉を行うこと、自分の悪い習慣を切ること、心を神様に向けること…手段であるはずのその事が目的になっていたのでした。
初めは貴重な「目的」を持っていたはずが、いつの間にか目の前のことで精一杯になり、それが「人生の目的」になってしまう…。これは誰しもが経験していることだと思います。だから、もし目的を忘れて探しているならば、人生を「無意味なものだ」と感じて生きていると思うならば、先生の御言葉に耳を傾けてみてください。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事